会社概要 | KBB,I&D株式会社

KBB,I&D

OUTLINE 会社概要

代表取締役社長 宮崎耕史 代表取締役社長 宮崎耕史 メッセージはこちら

代表者略歴

1968年
誕生
1992年
京都大学工学部機械工学科卒業
1994年
京都大学大学院工学研究科修了

ISO9001、14001認証取得支援、および経営戦略、マーケティング、事業開発支援など、多岐にわたるコンサルティング活動に従事。
前職、三和総合研究所シニアコンサルタント。IRCA(A015224)主任審査員。

主な著書

図説 2000年版 ISO9001導入ガイド

図説 2000年版 ISO9001導入ガイド
―ひと目でわかる大改訂のポイント―
著) 宮崎 耕史, 監修) 中島 俊作
出版社:日本経済新聞社

社名 KBB,I&D株式会社(KBB,I&D Corp.)
設立 2008年6月18日
取締役
代表取締役社長
宮崎 耕史
取締役
浦坂 周
監査役
中澤 繁信
事業内容
①自社プロダクト カスタメディア
②自社プロダクト その他
③受託開発
  • Webサービス開発
  • 業務システム開発
  • スマホアプリ開発
  • ニアショア事業
  • オフショア事業
導入実績
  • 積水メディカル株式会社
  • 積水化学工業株式会社
  • 株式会社ジュピターテレコム(J:COM)
  • 郵船ロジスティクス株式会社
  • 神戸商工会議所
  • 117グループ
  • HIDA総合研究所
  • イッツコミュニケーションズ株式会社
  • ホテル沼津キャッスル
  • ユニアデックス株式会社
  • 株式会社アートイット
  • 株式会社三晃社
  • 株式会社KNTビジネスクリエイト
  • 株式会社カルモア
  • 株式会社メモリード
  • 株式会社日本レジャーチャンネル
  • 蒲郡商工会議所
  • 松戸市社会福社協議会

所在地

神戸本社
〒650-0027 神戸市中央区中町通2-3-2 三共神戸ツインビル7階
東京事務所
〒150-0032 東京都渋谷区鶯谷町5-6 武田ビル2F

事業沿革

2005
  • 会員向けコミュニティ『CLOVER』の自社運営 開始[揭載記事]
  • 会員向けコミュニティ『CLOVER』のお客様向け ASP販売を開始[掲載記事]
2006
  • 関西ブロードバンド東京事務所を新宿に開設
  • SNS ASPサービス『CLOVER』を『商標:カスタメディア』に名称変更
2007
  • 関西ブロードバンド東京事務所を品川に移転
  • 関西ブロードバンドから分割子会社化によって『KBBl&D株式会社』設立
2009
  • KBBI&D株式会社東京事務所を渋谷に移転
2010
  • 力スタメディア多言語対応
2011
  • GPS対応カスタメディア店舗・施設ポータル対応
  • 力スタメディア スマートフォン対応
2012
  • スマホアプリ開発対応
2013
  • ブライダルソリューション販売開始
2014
  • アジア向けクールジャパン事業
  • インドネシア縁日祭に参加
2015
  • ibeacon対応カスタメディアo2oリリース
2016
  • 力スタメディアMASEリリース

グループ会社一覧

KBBI&D株式会社は関西ブロードバンドグループの一員です。関西ブロードバンドグループ各社は、各社が所有するオンリーワンの強みを活用した連携で、お客様のための様々なソリューションを提供していきます。

親会社は、安定した公共向けのインフラビジネスを基盤とした事業展開をしており、関東と関西、関西ブロードバンドグループ単位では東北、九州、四国にも拠点・ネットワークを持ち、総勢80名のグループ企業という安定した経営基盤の上で、ベンチャーながらきめ細やかなサポートをさせていただきます。

また、2005年から継続されている事業という安定感と、サービス導入企業の100社を超え、数々のサイトを手がけてきた成功失敗の経験やノウハウから、システム開発だけでなく集客プロモーションやサイト運営や運営体制といった部分までお客様へしっかりとしたご提案をさせていただきます。

全国運営体制

KBB関西ブロードバンド

ICT環境を提供するパイオニアグループ

地域イントラの構築や無線、デジタル・ディバイド解消の手段を地域に提供し、 その上でFTTH(光サービス)やCATVなどの提供も視野に入れたサービス、 複合的なICTソリューションなど新たな需要創造を生み出し、 各種インターネットサービスの普及を担っています。

〒650-0027 兵庫県神戸市中央区中町通2丁目3番2号 三共神戸ツインビル7階
ホームページはこちら

壱岐ビジョン

壱岐のケーブルテレビ、インターネット事業で地域活性化

長崎県壱岐市の指定管理者とし、ケーブルテレビ事業、番組の制作、 高速インターネット接続サービス、光IP電話サービスなどの事業を行っています。 また、メディアを立ち上げることで壱岐市全域の活性化に貢献し、 地域に根差し、地域に密着し、地域に愛される企業を目指しています。

〒811-5114 長崎県壱岐市郷ノ浦町柳田触 316-11
ホームページはこちら

徳之島ビジョン

鹿児島県徳之島3町で情報技術を利用したインターネット事業 地域活性化

徳之島からIRU指定事業者として徳之島3町のICTによる情報化分野での新たな市場を創造することを目的としており、 地元住民の方々の為の事業者として存在し、地元雇用を積極的に行い、離島に特化したブロードバンド環境の提供を行っています。

〒891-8201 鹿児島県大島郡伊仙町伊仙 1405
ホームページはこちら

WISION PLANNING

壱岐産ICT事業に寄る地方創生の担い手として

平成27年度『離島でも出来る仕事こそがICT開発事業である!』という狙いの元、 先駆性のある地方創生事業に採択され、壱岐市でICT開発者を育てる「壱岐アプリ塾」を開設。 次の目的を掲げる新たなICT開発会社を壱岐市に創業することとしました。 また、創業を機に各種教育事業を進めてまいります。

〒811-5133 長崎県壱岐市郷ノ浦町本村触 683-2

地方創生の取り組み

【技術者育成:離島×地方創生の取り組み】

【技術者育成:離島×地方創生の取り組み】

2016年1月、壱岐島(いきのしま|長崎県壱岐市)で WEBとアプリの開発者を育成する「壱岐アプリ塾」にて東京から2名の講師をIターンで招致、 島内で技術者を育成し、新たな雇用創出と定住促進を目標に実施。 卒業生は島内IT企業就職や離島クラウドワーカーとして登録し二アショア拠点として事業を開始している。

【 ニアショア:離島×地方創生の取り組み】

【 ニアショア:離島×地方創生の取り組み】

壱岐で働く人々のための二アショアのクラウドソーシング iki-shore(イキショア)案件情報サイト を構築。 離島における技術 者育成の壱岐アプリ塾卒業生を中心に壱岐のIT技術者がユーザ登録をしているので、 企業は本システムから依頼したい案件を登録してワーカーに発注する仕組みを構築。

【情報化推進:地域×情報化推進の取り組み】

【情報化推進:地域×情報化推進の取り組み】

鹿児島県徳之島での情報化を推進する取り組みとして、 視覚障がい者向けのパソコン教室や高知県安芸市での初心者向けパソコン教室や 各地でのITイベントの開催など情報化推進のための各種お手伝いをしております。

グローバルへの取り組み

【情報化推進:新興国×情報格差解消の取り組み】

【情報化推進:新興国×情報格差解消の取り組み】

JICA(独立行政法人 国際協力機構)による「情報化推進のためのリーダー育成コース」研修で講演。 2005年はイラン・ウクライナ・ナイジェリア・フィリピン等、 2008年はボツワナ・マレーシア・ ルワンダ・等、 2009年はボツワナ・マレーシア・ルワンダ・ドミニ力 等の世界中の各国様々なIT状況背景を持つ研修生向けに情報格差解消に向けた研修を行いました。

【クールジャパン:インドネシア×ポップカルチャー推進の取組】

【クールジャパン:インドネシア×ポップカルチャー推進の取組】

「Animonstor Japan」というクールジャパン、日本ボップカルチャー専門雑誌での日本支局を設立。 2014年5月にインドネシアのジャ力ルタで開催されたENNICHISAI(縁日祭)に企業ブースを出展しアニモンスタージャパンのPRを実施。 また、次世代の国際 社会を担うインドネシアの学生が自己の可能性を探求し発展させ ことを目的する海外インターン生受け入れを社会的貢献の一環として実施しました。

【オフショア:カンボジア×ラボ設立の取り組み】

【オフショア:カンボジア×ラボ設立の取り組み】

日本に長く滞在した経験豊かなスタッフを有する力ンボジアで、オフショア受託開発ベースとラボ開発ベースでシステム開発を行う パートナー企業のeクメール社と協業して力ンボジアでラボを開設いたしました。