faq よくある質問

シェアリングエコノミーは日本でも浸透していますか?

はい、日本でもシェアリングエコノミーは浸透しつつあります。
「Airbnb」や「Uber」の登場で各段と幅が広がり、
近年、日本でもシェアリングエコノミーに対しての取り組みがより一層されています。
昔から日本で引き継がれている「もったいない文化」を利用すれば、
さらに良いサービスが作れると私達は思っております。

ここで日本のシェアリングエコノミーのサービスをいくつか紹介します。

スペースマーケット
有名スタジオやBBQスペース、築60年の古民家から廃墟ビルなど、
遊休スペースを簡単にネットで貸し借りすることができるスペースマーケット。
時間貸し利用と宿泊利用の両方を行える国内唯一のプラットフォームです。
テレビ(WBS等)、新聞(日経等)、Webメディア(Yahoo!ニュース、TechCrunch等)などにも多数取材・掲載されており、ビジネスプランを競うピッチコンテストでも多数受賞している日本最大級のシェアリングエコノミーサービスです。

タイムチケット
自分の空き時間を切り売りしてシェアするサービス”timeticket”。
個人が30分単位でチケットを発行することができ、「テレビなどマスコミに取材されるコツをお伝えします」「1人じゃ行きにくいところとかに付き合います」など内容は様々。
販売したチケットから選択した寄付率に応じた金額が、支援団体に寄付されるといった社会貢献の側面もあります。

akippa(あきっぱ)
自宅や事務所の駐車場を使っていないと駐車場を1日だけ借りたい人をマッチングするサービスです。akippaはコインパーキングの3割以下という低価格で駐車場を提供中で、朝日新聞や産経新聞、WBSなど多数のメディアで取り上げられているマッチングサービスです。

また、シェアリングエコノミーは地方創生に大いに役立ちます。
空き部屋の貸し出しや、助け合いの一環として足腰が不自由な方の配車送迎サービスなどで大いに活躍をしています。

このように、シェアリングエコノミーはビジネスだけではなく、
地方活性化など様々な分野に拡大しています。

弊社では、ビジネスや地方活性化など様々なジャンルのシェアリングエコノミーサービスの開発・構築が可能です。