faq よくある質問

  • シェアリングエコノミーとマッチングサイトの関係とは?

    シェアリングエコノミーとは、AirBnBやUberに代表される、場所・乗り物・モノ・人・お金などの遊休資産をインターネット上のプラットフォームを介して個人間で貸借や売買、交換することでシェアしていく新しい経済の動き(共有型経済)のことです。 参考FAQ 「シェアリングエコノミー」とは? http://www.kbb-id.co.jp/u/faqblog/z91iuS5Ar6spcOTKUXDy/ ここで言う「インターネット上のプラットフォーム」が「マッチングサ…

  • O2Oソリューションでどんなことが実現できますか?

    O2Oソリューションとは、オンライン上の顧客を実世界(オフライン)に集客する仕組みです。 参考:O2O【O2O(Online to Offline)】とは? 実現例は下記のようなものになります。 例えば、こんなサービス 店舗でのスタンプラリー・チェックイン 高齢者・児童の見守りでの活用 イベント会場での電子チケットもぎり 博物館・水族館等での屋内ナビゲーション 自治体・観光協会でのスタンプラリー 当社では、御社のニーズ・アイデ…

  • マッチングサイト(ビジネスマッチングサイト)とは何でしょうか?

    商品やサービスを必要とする人(個人・法人)と、それを提供する人を仲介するWEBサイトのことを指します。その中でもBtoBのビジネスにおける重要と供給を仲立ちする「ビジネスマッチングサイト」を総称することが多いですが、BtoC,CtoCのマッチングサイト・マッチングサービスも多数存在しています。Bは「企業」を意味しており、Cは「消費者」を意味しています。 ここで代表的なマッチングサイトを紹介します。 【BtoB】(企業間での取引) ・ビザスク 専門家に1時間あた…

  • キュレーションサイトとは何でしょうか?

    「キュレーション」とは キュレーションとは、インターネット用語で「インターネット上の情報を特定のテーマに沿って選別して整理すること」 または「収集した情報をつなぎ合わせ、付加価値をもたせること」を指します。 「キュレーション」を行う人は「キュレーター」と呼ばれます。これは、英語で図書館や博物館の館長を意味する「Curator」が語源です。 キュレーションサイトのメリット 単純に情報を提示するだけではなく、キュレーターによる付加価値を加えることで 「検索…

  • O2Oの2016年以後の市場規模は?

    O2Oの市場規模は年々拡大傾向にあります。 野村総合研究所によると、2011年度の時点で24兆円の規模と推計されるO2O消費の市場が 2017年度には50兆円規模まで成長すると予測されています。 【NRI】O2O(Online to Offline)市場とO2Oソリューション 要因としては、スマートフォンの普及をはじめとしたインターネット環境の拡充と、 ビッグデータをはじめとする情報解析技術の向上があります。 この環境の拡充に伴い、エンドユーザーの…

  • 民泊のマッチングサイトを作成したいのですが

    弊社独自のサイト構築エンジン「カスタメディア MASE」で構築されることをおすすめいたします。 2005年、ソーシャルメディア黎明期からサービスを開始し、 数多くの基本機能・充実のオプション機能・安心のセキュリティ対策を組み合わせることにより、 独自SNSやブログ、ポータルサイト、会員制サイト、オウンドメディアなどの制作を可能にいたしました。 シェアリングエコノミーやマッチングサイトが簡単に構築でき、 これまで培ってきたカスタメディアのソーシャルメディアとしての…