engineer エンジニアコラム

未経験からのコーダー業務

コーダー兼サブディレクターの大石です。
今回は未経験からITエンジニアへの転職について自分の経験をお話させていただきたいと思います。

入社まで

私はこれまで介護福祉、ホテル業、清掃、配達、、などの仕事を経験してきましたが、「これを一生の仕事にしたい」と思えるようなものに出会えませんでした。
そんな将来に悩んでいた時に、兄の勧めで始めたのが「コーディング」でした。自分の努力次第で目に見えてスキルが身についていくことに喜びを覚え、これを自分の仕事にできたらなと、将来に希望を抱きつつ日々勉強しました。

1年ほど勉強したところで、とにかく実務経験が積みたいと思い、職探しを始めました。その時点で30歳を過ぎていたこともあり、未経験からのエンジニア転職は結構大変なものでした。

幸い弊社の求人に出会え、体験業務を通じ、現場で通用する技術を身につけられそうだと感じ、入社を決めました。
当社には「人が成長することで会社が成長する」という信念があるように思います。実務未経験でもそうやって採用してもらえたことに非常に感謝しています。

仕事を始めて

現場に入るとすぐ、実際にサイトの修正作業を任されました。
もちろんちゃんとフォローはしていただけるのですが、商品としてお客様に納品されるサイトのコードを触るのは緊張感がありました。
また、自分の書くコードに責任を持たなければならないという厳しさを感じました。

ただ、実際にお客様がいて、動いているサイトを触る中でしか身につかないことが沢山あるので、早くからそういう機会があるのはありがたいことだと思います。
もちろん先輩方から学ぶこともたくさんありますが、実際のお客様からの要望や声からも、教えられることが多くあります。
お客様それぞれの、そのサイトへかける思いが伝わってきたときには、それに応えられるように頑張らなければ、と熱い気持ちになります。

現在の業務

現在私は、コーダー兼サブディレクターとして仕事をしています。
実際に現場を経験してみて感じるのは、技術的に突出したエンジニアはもちろんそれで存在価値があるのですが、総合力のあるエンジニアというのも必要とされるということです。

例えばお客様と話をする際、「~の機能をつけるといくらかかりますか?」というような質問はよくあるのですが、技術的なこと、社内外のリソースの状況、ビジネスのこと・・・など様々考慮する必要があり、その場でパッと答えるのはなかなか難しいものです。
そこでお客様とエンジニアの間に立つ「ディレクター」の存在が重要になってくるわけですが、もしエンジニアがお客様と直接話ができれば、やはり話が早いわけです。

弊社では自分の役職にとどまらず、色々な業務に携わる機会があります。
私もコーダーをしつつ、サブディレクターとしての経験も積ませていただいており、非常にありがたい環境だと思います。
まだまだ勉強すべきことがたくさんあるので、毎日の仕事に丁寧に取り組んでいかなければと思っています。

おわりに

自分でコーディングを勉強していた時、Webの業界は変化が激しく、言語、フレームワーク、ライブラリなどいろいろな組み合わせがあって、古い知識は役に立たないし、今学んでいることもすぐに古くなる、何を学べばよいか分からないという不安がありました。

しかし現場で働き始めて、「技術は変わっても変わらないものがある」と思うようになりました。

  • コンピュータの上でソフトウェアはどのように動いているのかというOSの知識
  • コンピュータ同士はどのように通信をしているのかといったネットワークの知識
  • プログラミングに必要なアルゴリズムの知識
  • Web政策の基本となるHTML/CSSの知識など、、

ほかにもいろいろありますが、これらの基礎が普段の仕事に役立つことがわかりました。

一方で、やはり新しいことも好きなので自分で新しい技術の勉強も続けています。
ただ基礎的な知識の重要性がわかったことで、何を学べばよいかわからないという不安はあまりなくなりましたし、新しい技術への理解も深まっているように思います。

そして最後に、7か月程ですがこの会社で働いてきて、エンジニアとしての基礎力、そして総合力を養うには非常に良い環境だと感じています。
また成長中のベンチャー企業でもあり、新しい挑戦もさせてもらえる環境だと思います。ぜひ新たなエンジニアの方のエントリーお待ちしています。

 

弊社カスタメディアでは、柔軟な働き方に対応できるよう、整備を進めています!
当社に少しでも興味をお持ちいただけましたら、ぜひこちらをご覧ください。求人へのエントリーもお待ちしています!