engineer エンジニアコラム

当社への就職活動と入社を通じて感じたギャップについて

ディレクターとして働き始めて5か月目の五島です。
前職は、化粧品の販売をしていた為、異業種転職を行いました。
私が転職活動を行っていた時の当社への就職活動と入社を通じて感じたギャップについてお話をさせていただきます。
 
 

当社への就職活動について

元々はwebデザイナーとして転職活動を行っていたのですが未経験ということもあり、現実はなかなか厳しいように感じました。
少しずつ職種の幅を広げ、ディレクター、保守サポートというのも視野に入れ始めた時に弊社に出会いました。

マッチングサイトを制作するという業務自体への興味Webデザイナーとしてデザインもできるというところに魅力を感じ採用の申込を行いました。

弊社の場合、web面接後に体験業務を行っており実際に会社へ訪問し、業務の体験を行います。
そこで社内の雰囲気や入社後に行う仕事の体験を行いできる限り会社に対してのイメージにギャップがない状態で入社をすることができます。

私の場合、入社当初は保守サポートとして入社をし、その後「ディレクターとして働いてみませんか?」というお話をいただきディレクターとしての業務が開始しました。
ディレクターという仕事自体も未経験だったのでギャップというより、ディレクターってこういう仕事をするんだと働いていく中で知ることが多かったです。
 
 

入社を通じて感じたギャップについて

正直ギャップはあんまり感じませんでした。

忙しさやスピード感の早さというのは面接の段階でもお話は聞いていたので、入社したら忙しくて覚える仕事もたくさんあるだろうというのは覚悟の上だったからです。
覚悟はしていたとはいえ、それを超えてくる感じもありましたが入社する前にそういったお話を聞けていたというのは、私の中ではとても大きかったです。
 
これまでディレクターとしてはもちろん、1日中パソコンに向かうような仕事をしていなかった私にとっては日々勉強、日々学びのある刺激的な仕事内容でした。

クライアントさまへのメールの打ち方や、社内で使用している業務ツールでのやりとりの仕方、こういったコミュニケーションの所でつまづくことが多く、常に他の先輩方のやり取りをみて、どういう風に行っていくべきなのか勉強をしていく必要がありました。
また、サブディレクターとして先輩の案件につきフォローをする業務が入ってくると、より一層目まぐるしく毎日が過ぎて行きました。

ディレクターとして働き始めると、まずは、先輩ディレクターが持っている案件にサブディレクターとしてアサインされます。
実際に先輩がメインディレクターとして行う業務を見ながら学んでいきます。

ドメインの取得、メールホスティングなどレクチャーを受け、実際にクライアントさまにヒアリングを行い取得や設定を行っていきます。
その後は、案件の進捗状況に合わせながらデザイン作成、システム開発の依頼、サイトの動作確認など多岐に渡る業務を行います。

実際に業務を行っていくと分からないことが多くさらにコロナウイルスの影響でリモート勤務が始まり直接質問ができないという悩みもありましたがGoogle ハングアウトやmeetを利用し、質問をすると先輩が教えてくださいます。
 
こういった環境が整っているのは本当に有難いです。
 
 

おわりに

ディレクターとして、さまざまな業務を行い自身のスキルにしていきたいという人には弊社はとても良い環境かと思います。
私自身、入社当初の業務内容には、デザインというのは含まれていませんでしたが「やりたいです。」という思いを伝えることでそのチャンスをいただくことができました。
ベンチャー企業という環境下だからこそ、自分のやりたいという思いを発信することで、仕事を任せていただける職場だと感じています。

 

当社に少しでも興味をお持ちいただけましたら、ぜひこちらをご覧ください。求人へのエントリーもお待ちしています!