ビジネスマッチングサイトとは?事例と構築のポイントを紹介

ビジネスマッチングサイトは、企業間取引のマッチングサイトです。

有効活用することで、新たな顧客獲得や、自社で解決できない課題解決ができるなどのメリットがあります。

そこで、ビジネスマッチングサイトを新たに構築を検討しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事は下記の方必見の内容です。
・ビジネスマッチングサイトについて詳しく知りたい方
・ビジネスマッチングサイトの構築を検討している方

マッチングサイトやシェアリングエコノミーサイト構築実績150社以上の弊社のノウハウを活かし、「ビジネスマッチングサイトの事例、構築ポイント」を分かりやすく解説いたします。
 
 

目次
‐ ビジネスマッチングサイトとは
‐ ビジネスマッチングの事例6選
 ‐ 比較ビズ
 ‐ アイミツ
 ‐ Linkers
 ‐ CrowdWorks(クラウドワークス)
 ‐ きばっきんぐ.com
 ‐ ビジマッチ
‐ ビジネスマッチングサイト構築の注意ポイントとは
 ‐ 市場での新規性
 ‐ 需要と供給の見極め
 ‐ 構築のプラットフォーム選定
‐ まとめ

 
 

ビジネスマッチングサイトとは

製品やサービス等を必要としてる人と、製品やサービスを提供できる人をマッチングさせるサイトのことを言います。

自社で実現できないことも、対応可能な会社とマッチングすることで、新しい製品やサービスを生み出すことが可能となります。

運営の仕組みとして、受注側の広告費で運用されていることが多くあります。
例えば、“成果報酬型”や“サブスクリプション型”などサイトによってさまざまです。

発注側は、基本的に無料で利用でき、利用のハードルも低く人気のサービスとなっています。
 
 

ビジネスマッチングサイトの事例6選

では、実際どのようなサイトがあるのでしょうか。

具体例があったほうがイメージしやすいと思いますので、ビジネスマッチングの事例をご紹介いたします。
 
 

比較ビズ


まず初めにご紹介するのは、「比較ビズ」です。
比較ビズは、依頼したい仕事の発注先を一括で見積もることができるマッチングサイトです。

さまざまな企業と比較しながら、発注先を決めることができるのが特徴です。
また、発注した企業からの口コミを記載しているため、信頼できる会社なのか確認したうえで、判断することが可能です。
 
 

アイミツ


次にご紹介するのは、「アイミツ」です。
アイミツも、比較ビズ同様、発注先を一括で見積もることのできるマッチングサイトです。

発注者は、運営側で厳選した希望にピッタリの発注先を、翌日までに紹介してもらうことができます。
約100のカテゴリで発注することが可能です。
 
 

Linkers


次にご紹介するのは、「Linkers」です。
Linkersは、モノづくりを行う企業の現場課題を解決する、ビジネスマッチングサイトです。

製造業の研究、開発、調達、生産の様々なフェーズで課題となる、技術探索、リソース探索を効率的に行うことが出来ます。

また、Linkersは日本ビジネスモデル大賞などの受賞歴があり、信頼性の高いサイトとしても有名です。
 
 

CrowdWorks(クラウドワークス)


次にご紹介するのは、「CrowdWorks(クラウドワークス)」です。
CrowdWorksは、業界ナンバーワンのクラウドソーシングサイトで、ユーザー数は300万人、全国の70万社の企業が利用しています。

また、仕事の種類は200職種以上あり、発注者は希望する要望に合わせ、発注をかけることが可能です。
 
 

きばっちんぐ.com


次にご紹介するのは、弊社が構築した「きばっちんぐ.com」です。
「きばっちんぐ.com」は、OrCADユーザー様と基板設計会社様を繋ぐ、業界初のビジネスマッチングサイトです。

基板設計委託に特化しており、「OrCAD®Captureという回路図設計のソフトを使用するユーザー(委託)」と「Allegro®PCB Designer/OrCADPCB DesignerというPCB設計ソフトを使用して、基板設計を受託する企業(受託)」をマッチングします。

委託・受託の両者へ設計に関わる製品やサービスを販売されたいパートナー企業様も諸条件合意のもと、サービスを利用することが可能です。

詳細はこちら
https://www.kbb-id.co.jp/content/case/kibatching/

 

ビジマッチ


次にご紹介するのは、こちらも弊社が構築した「ビジマッチ」です。
ビジマッチは、業界初のサブスクリプション型のビジネスの課題解決に特化したマッチングサービスです。

ビジネスユーザー(個人/法人含む)同士が自由につながり、お互いの課題やソリューションを組合せて、効率的な課題解決や人脈形成が可能です。

課題や強みを明確にすることで、ターゲット企業やキーマンを効率よく見つけることが可能となり、成約につながりやすいといった特徴があります。
また、マッチング後の契約が自由、期間の縛りもないため、利用しやすいサイトとなっています。

詳細はこちら
https://www.kbb-id.co.jp/content/case/busimatch/

 
 

ビジネスマッチングサイト構築の注意ポイントとは

ここまで、ビジネスマッチングサイトの事例をご紹介してまいりました。
では、実際構築するにあたり、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。

3つにポイントをまとめてご紹介します。
 
 

市場での新規性

市場の新規性は、新しいサービスを始めるにあたり非常に重要な視点です。

実際に、すでに競合が成功しており、その競合と全く同じようなサービスを始めようとなると難しい可能性がございます。

競合と似たようなサービスを始める場合は、競合と上手く差別化できるブランディングを立て、サービスをスタートさせることが重要でしょう。
 
 

需要と供給の見極め

想定しているビジネスマッチングサイトが、既に市場にあるものなのか。
また、まだ市場に出回っていないものなのであれば成功する可能性があるのか、見極めることが重要です。

成功の可能性を見極めるには、需要と供給を見極めて判断することが重要です。
 
 

構築のプラットフォーム選定

“構築をどのように行うか”という点も、予算や運用面から重要になるでしょう。

構築のための予算はいくらを想定していて、どのような機能を付けたビジネスマッチングサイトにしたいのか。
また、運用面で重視したいことは何なのか、事前に決めたうえで制作会社に依頼することが重要です。

そうすることで、どの制作会社に依頼するか見極めたうえで判断しやすくなるでしょう。
また、その際どのようなサポートをしているか、信頼できる会社なのか、等も考慮して決めるようにしてください。
 
 

まとめ

ここまで「ビジネスマッチングサイトの事例、構築ポイント」を紹介してまいりました。

ビジネスマッチングサイトは、自社として必要な部分のみを発注することが出来る利便性の高いサービスです。必要な部分をノウハウのある会社に依頼することで、効率的な業務にもつながります。

現在、マッチングサイトの市場が拡大中なこともあり、今後紹介したようなビジネスマッチングサイトが加速する可能性がございます。

実際に構築を検討する際は、注意ポイントを意識しながら業者選定をすると良いでしょう。
 
 

マッチングサイト構築パッケージ「カスタメディアMASE」

弊社カスタメディアは、累計実績450社を誇るシステム開発会社です。
現在導入実績150社を超えるマッチングサイト構築パッケージ「カスタメディアMASE」を提供しております。中小企業から大手企業までさまざまな企業様の開発に携わらせていただいております。

また、新規創業や新規事業の立ち上げのサポートからサイト制作まで、また補助金のサポートも幅広く携わっております。パッケージ開発+スクラッチ開発での開発がメインとなり、カスタマイズ機能も126種(21年4月現在)あり、非常に柔軟性をもったマッチングサイト構築が可能なシステムです。

長年運用しているシステムをベースに構築しているため、運用性も安心!大手企業にも選ばれている理由の一つとなります。
マッチングサイトの構築を検討されている方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

カスタメディアMASEについてはこちら
URL:マッチングサイトの構築を「早く・安く・カンタンに」カスタメディアMASE