インバウンド向けマッチングサイト 構築サービス

訪日観光客の消費が新型コロナウイルス以前を上回り、過去最高を記録したため、外国人観光客向けのサービス需要が急増しています。

個人旅行だけでなく、MICE(ミーティング、インセンティブ旅行、コンベンション、展示会)に関連する外国人も多く訪日しています。

この状況において、宿泊施設、飲食店、免税店、体験型コンテンツ提供施設は、外国人観光客の多様なニーズに応えるため、利便性と快適性の向上が重要となりました。

それぞれの分野で多様なマッチングサイトがその役割を果たしています。

例えば、DX(デジタルトランスフォーメーション)を活用し、オーバーツーリズムへの対策として人気スポットへの訪問者集中を防ぎ、地方への観光分散を促進することで地域経済の発展に貢献しています。

これにより、訪問者に快適な旅行体験を提供できます。

加えて、多様な雇用形態を採用し人材を確保するほか、人材育成を通じて効率的かつ効果的なサービスの提供が実現されています。

また、政府や地方自治体からのインバウンド向け補助金を活用することで、新たなサービスの開発や既存サービスの改善が進み、訪日外国人観光客へより高品質な体験を提供することが可能です。

こうしたインバウンド市場の拡大に伴い、マッチングサイトの重要性はますます高まると考えられます。

そのため、これらのサイト構築に関心のある方も多いのではないでしょうか?

今回は、そのような方に向けて、インバウンド向けマッチングサイトの構築を容易にする弊社サービス「カスタメディアMASE」をご紹介します。

 

 

\ 今すぐ、インバウンド向けマッチングサイト構築についてご相談したい方は下記をクリック /

 

インバウンド向けマッチングサイトをカンタンに構築可能なパッケージシステム【カスタメディアMASE】

 

インバウンド向けマッチングサイトの例

BtoCの場合

1.飲食店や宿泊施設のマッチングサイト
訪日外国人が飲食店やホテルや民泊、旅館など、様々な宿泊施設を簡単に検索し、予約できるサイトです。AirbnbやBooking.comなどが有名です。

2.ガイドマッチングサイト
言語や文化の壁を超えて地元のガイドと旅行者を結びつけるサイトです。これにより、外国人観光客はその土地の深い体験や文化を学べるチャンスが得られます。

3.体験型アクティビティマッチングサイト
茶道体験、着物レンタル、日本刀ワークショップなど、日本特有の文化体験を提供するサイトもあります。

 

BtoBの場合

1.インバウンド人材プラットフォーム
外国人観光客とコミュニケーションを取る能力を持つ国内外の労働者の確保は重要です。フルタイム、パートタイム、シーズナル、フリーランスなど、多様な雇用形態をサポートし、企業と労働者のニーズに合わせて最適なマッチングを提供します。求人に応募してから採用までのプロセスを迅速化をし、契約の締結もデジタルで行えるほか、言語能力の向上や専門スキルの獲得を支援するためのトレーニングプログラムがあると効果が見込まれています。

 

2.観光業者向けBtoBマーケットプレイス
MICE(ミーティング、インセンティブ旅行、コンベンション、展示会)などのビジネストリップの場合に、会場、宿泊施設、通訳サービスなどを探し、予約するためのBtoBプラットフォーム。

 

課題・悩み

BtoC(ビジネス・トゥ・コンシューマー)とBtoB(ビジネス・トゥ・ビジネス)のインバウンド市場における課題や悩みは、それぞれ異なる側面を持っています。

BtoCの課題・悩み

言語の壁
多言語対応が必要であり、言語の壁が顧客体験に大きく影響する可能性があります。ウェブサイトやカスタマーサポートの多言語化は必須ですが、それにはコストと時間がかかります。

文化の違い
異なる文化背景を持つ顧客のニーズを理解し、適切に対応することは大きな課題です。特に、マーケティングメッセージや製品のプレゼンテーションが、異文化間での誤解を招かないよう配慮が必要です。

支払い方法の多様性
地域によって好まれる支払い方法が異なるため、多様な支払いオプションを提供する必要があります。これには追加の設定やセキュリティ対策が伴います。

BtoBの課題・悩み

慢性的な人手不足
インバウンド客が飲食店や宿泊施設や観光施設の高齢化や人手不足により、夕食難民や宿泊難民になってしまっています。

マーケットニーズの理解
相手国の市場ニーズやビジネス文化を正確に理解し、適切なビジネスモデルを提案することが重要です。これには商慣習、市場調査や現地化戦略が欠かせません。

 

インバウンド向けマッチングサイトがもたらすメリット

BtoC(ビジネス・トゥ・コンシューマー)とBtoB(ビジネス・トゥ・ビジネス)それぞれのインバウンド市場には、独自のメリットがあります。

ここでは、それぞれのセグメントにおいてどのような利点があるかを詳しく見ていきましょう。

BtoCのメリット

1.広範な顧客基盤の拡大:
国際的な顧客を対象にすることで、市場を大幅に拡大し、さらに多くの顧客にリーチすることができます。これにより、売上の増加が見込まれます。

2.ブランドの国際的な認知度向上:
多国籍な顧客にサービスや製品を提供することで、国際的なブランド認知度が高まります。これは、ブランドの信頼性と評価を向上させる効果があります。

3.多様な顧客ニーズへの対応:
異なる文化や習慣を持つ顧客からのフィードバックを得ることで、製品やサービスを多様化し、改善する機会が増えます。これは、全体的な製品の質の向上につながります。

 

BtoBのメリット

1.人手不足の解消:
飲食店や宿泊施設が人手不足を解消できることによって、顧客サービスの質の向上による利用客の満足度向上によりリ口コミの質があがりピーターにつながるだけでなく、従業員の満足度向上、ビジネス運営の改善など幅広い側面に及びます。

2.ナレッジとネットワークとシナジーの拡大:
他のビジネスとの連携を通じて、新たなビジネス機会が生まれることがあります。BtoB市場では、特定の業界や技術に特化することで、その分野での専門知識と認知度を高めることができます。これは、企業が競争優位を持続するために重要です。

3.高度な市場知識の獲得:
BtoB取引には詳細な市場調査や業界分析が伴い、リソースや技術を共有し、相互の成長を促進することもできて、これらの情報を活用してより戦略的なビジネス判断が行えるようになります。

 

これらのメリットは、BtoCとBtoBの各ビジネスモデルが持つ独自の強みを反映しており、それぞれが国際的なインバウンド市場で成功するための鍵となります。

 

カスタメディアMASEなら解決

BtoC(ビジネス・トゥ・コンシューマー)とBtoB(ビジネス・トゥ・ビジネス)向けのシステムには、それぞれ特有の機能や設計が必要です。これらのシステムは、ターゲットとする顧客基盤の違いに基づいて、異なる機能を提供することが求められます。

BtoC向けシステムの機能

1.ユーザーフレンドリーなインターフェイス:
直感的で使いやすいデザインが求められます。言語の切り替えなど消費者は操作が簡単で理解しやすいインターフェイスを好みます。

2.多言語対応:
訪日外国人を対象とした場合、多言語に対応したコンテンツとサポートが必要です。ウェブサイトやアプリケーションでの言語選択機能が重要になります。

2-1.出力部分の多言語対応

プロフェッショナルな翻訳の利用として、UIのテキスト、ヘルプドキュメント、製品説明など、事前に用意するテキストは専門の翻訳者による翻訳が必要です。これにより、文化的なニュアンスや専門用語が正確に反映されます。

2-2.入力部分の多言語対応

リアルタイム翻訳APIの組み込みとしてユーザーが入力するテキストをリアルタイムで翻訳する機能は、Google翻訳APIなどを使用して実装することが多いです。これにより、ユーザーからのフィードバックや問い合わせをその場で翻訳し、管理者が理解できる言語に変換します。

3.多様な決済手段:
クレジットカード情報や電子決済システムの安全な取り扱いが求められます。また、多通貨や多様な支払い方法(電子マネー、クレジットカード、銀行振込等)をサポートする必要があります。

4.多様なコミュニケーションツール:
ビデオ会議、プロジェクト管理ツール、ファイル共有など、企業間での効率的なコミュニケーションを支援する機能が重要です。

 

導入実績250サイト突破、マッチングサイト構築の決定版『カスタメディアMASE』とは?


マッチングサイト・シェアコミュサイト定番の「4つのタイプ」+「20種類以上の基本機能」をパッケージ化。そこに「独自カスタマイズ」を組み合わせることで「早く・安く・カンタン」にサイト構築できるのが「カスタメディアMASE(Matching And Sharing Economy)」です。 パッケージの強みを活かし、最短3ヶ月でのリリースが可能です。

 

 

\ 今すぐ、インバウンド向けマッチングサイト構築についてご相談したい方は下記をクリック /

 

インバウンド向けマッチングサイトをカンタンに構築可能なパッケージシステム【カスタメディアMASE】

 

 

インバウンド向けマッチングサイトの事例

事例① 株式会社ラグジュアリージャパン

サイト名:Luxury Japan Virtual Travel Market

サイトURL:https://ljtm.jp/

海外の富裕層を対象にする旅行業界のバイヤーと、国内の観光業に携わるセラーを結ぶのBtoBマッチングプラットフォームです。LJTMでは、海外に行くことなく、24時間365日、審査基準をクリアした国内・海外の優良バイヤーとオンラインで商談できます。

■ポイント

Meetings:アポイント調整、商談まで全てオンライン上で完結。富裕層観光を手がける旅行会社監修の下、ラグジュアリーツーリズム商談で必要な機能を搭載しています。

Matchmaking:LJTMはラグジュアリーツーリズムに特化したプラットフォーム。24時間365日、審査基準をクリアした国内・海外の優良バイヤーとオンラインで商談できます。

Promotion:ラグジュアリーツーリズムを専門にご紹介する24時間動画配信サービスで、世界の富裕層旅行バイヤーに情報を発信することができます。(対応言語:日・英)

 

事例② 株式会社キャップス

サイト名:HAVE FUN JAPAN

「HAVE FUN JAPAN」は、日本での旅行を楽しむために日本ならではの体験や文化、グルメなどをオンラインで予約し決済の出来る“訪日外国人”と“日本ならではの体験や文化”をマッチングできるサービスです。

■ポイント

多言語に対応したサービス:インバウンド集客のような、訪日外国人の集客を行いたい場合、多言語対応は必須です。「HAVE FUN JAPAN」は、多くの訪日外国人の方にご利用いただけるように日本語、英語、中国語(簡体)、中国語(繁体)、韓国語の言語に対応できるようサイトを構築しております。

事前決済のため、ドタキャンでも安心のシステム:事前に料金をいただいてないことでキャンセル料をいただけず、急に予約に空きが出てしまう…ということをことよく耳にいたします。「HAVE FUN JAPAN」は、ドタキャン時にキャンセル料を頂けないという不安を払拭するために、予約確定時に預かり金をいただくシステムを構築することで、ドタキャンでのキャンセル料の未払いを防ぎます。

訪日外国人の方が役立つ様々なコンテンツ:訪日外国人の方は、日本の習慣の違いに戸惑うこともとても多いと思います。訪日外国人の方が日本にご旅行に来る際に少しでも困らないためにも、気になる日本の習慣や土地に関する情報「HAVE FUN JAPAN」のサービスの一つである“同行通訳”など、ご旅行に役立つ情報などの情報を掲載しております。

事例③ transcent.

サイト名:JAPAN’S HIDDEN SEAFOOD GEMS

サイトURL:https://hiddenfishjapan.com/

「JAPAN’S HIDDEN SEAFOOD GEMS」は、長崎県離島(五島・対馬・壱岐)の水産物を北米で販路開拓を行うための農林水産省のプロジェクトとして構築されたオンライン商談サイトです。

商品を販売したいサプライヤーと、商品を購入したいバイヤーが、オンライン上で商談することが容易に可能となっています。

■ポイント

求めているものが見つけやすいよう細かい条件での検索が可能!:商品の特性を捉え簡単に検索できるよう、温度帯や状態などから細かく検索することが可能。

商品をアピールできるようにレシピ紹介が可能!:商品を販売するサプライヤーも、商品を購入するバイヤーも、ブログ機能を使ってレシピを公開することが可能。レシピは文字や画像だけではなく、YouTubeなどの動画を入れることができるように構築。

日本語と英語の2カ国語に対応:全ページ、日本語と英語の2カ国語に対応。ボタンをクリックするだけで簡単に切り替えが可能。

 

まとめ

訪日観光客の消費が新型コロナウイルス以前を上回り、過去最高を記録したため、外国人観光客向けサービスの需要が急増しています。

カスタメディアMASEは、BtoCとBtoBの各市場に特有の機能や設計が求められる中、多言語対応や決済手段の多様化、効率的なコミュニケーションツールなど、必要な機能をしっかりと備えているため、こうしたインバウンド向けマッチングサイトの構築がスムーズに行えます。

すでに250以上のサイトで利用されており、最短3ヶ月でのリリースが可能となっています。

インバウンド向けマッチングサイトの構築をお考えの方は是非一度お問い合わせください!

 

 

事例ダウンロードはこちら
事例ダウンロードはこちら