実績150社以上の開発会社が語る!マッチングサイト構築のおすすめの方法とは?

「メルカリ」のようなフリマサイトや「ココナラ」などのスキルシェアサービスなど、自宅にいる時間が多くなり利用する方が増加しました。
フリマサイトやスキルシェアサービスは「マッチングサイト」に該当します。

昨今、新型コロナウイルスの影響やシェアへの意識の高まりなどから「マッチングサービス」の市場が大きく拡大しております。また、今後も引き続き拡大する傾向です。

本記事は下記の方必見の内容です。
・マッチングサイト構築のおススメの方法を知りたい
・効果的なマッチングサイト構築の方法を知りたい

今回は、150社以上のマッチングサイト構築を行う弊社カスタメディアが、はじめてマッチングサイト構築を検討されている方にもわかりやすく、マッチングサイト構築のおすすめの方法をご紹介します。
 
 

目次
‐ マッチングサイトとは
  ‐ BtoB
  ‐ BtoC
  ‐ CtoC
‐ マッチングサイト構築にかかる費用
‐ マッチングサイトの構築方法
  ‐ パッケージ開発
  ‐ スクラッチ開発
  ‐ パッケージ+スクラッチ開発
‐ おすすめは「カスタマイズ可能なパッケージ開発」
  ‐  おすすめ理由① コストを抑えつつオリジナルのサービス構築を実現
  ‐ おすすめ理由② スピーディーにサービスを始めることが出来るれる
  ‐ おすすめ理由③ コストを有効活用できる
‐ まとめ

 
 

マッチングサイトとは


マッチングサイトとは、マッチングサービスの運営側が、モノやサービスを需要している人や事業者と、その供給を受けたい人や事業者を結びつけるためのサービスです。
つまり、需要と供給を結びつけるためのサイトのサイトです。「運営側」「提供者(供給者)」「利用者(需要者)」の3者で成り立っています。

運営側は、掲載手数料やマッチング時発生時の手数料で運営しているところも多くあります。

マッチングサイトと言えど幅が広くさまざまなサイトが存在します。以下にて、マッチングサイトの種類を3つに分けてご紹介します。
 
 

BtoB

企業間取引のマッチングサイトです。仕事を依頼したい人と仕事を受けたい企業を結びつけるタイプのもので、ビジネスマッチングサイトと呼ばれています。

法人間の取引となり、取引金額も大きくなることが予測され、収益やしやすく安定化しやすいというメリットがあります。
 
 

BtoC

企業と個人のマッチングサイトです。例えば、求人サイトや不動産サイト、宿泊施設や旅行関連の予約マッチングサイトなどの、企業や店舗と個人をマッチング刺せる分野が該当します。

サイトでは、情報登録を企業側が行うことも多いので、以下にユーザーファーストな検索しやすいサイトにするかがBtoCのビジネス展開において重要です。
 
 

CtoC

個人間取引のマッチングサイトです。普段身近に接することが多いのは、CtoCのマッチングサイトです。例えば、メルカリようなフリマサイトやココナラのようなスキルマッチングサイト、出会い系のサイトなどが該当します。
個人での利用が殆どなのでスマホで以下に使いやすくするかがサイト運用において重要なポイントです。
 
 

マッチングサイト構築にかかる費用


では、実際構築にかかる費用はどのくらいなのでしょうか。

一般的には、100万~300万円と言われております。
しかし、高度な機能や充実した機能のマッチングサイトを構築したい場合は、1000万円以上かかることもあります。
機能も勿論ですが、パッケージ開発かスクラッチ開発かという構築方法によっても費用は大きく変動します。

また、サイト構築がゴールではありません。構築した先の、運用面での費用やサービスをひるめるためのPR費用などもご用意しておく必要がございます。
これを踏まえたうえで、必要な機能は何なのか、構築費用の目安はいくらにするのかなどを検討するとよいでしょう。
 
 

マッチングサイトの構築方法


マッチングサイトの構築と言えど方法はいくつかございます。どのような開発方法があるのかご紹介します。
 
 

パッケージ開発

既にあるシステムを使い開発する方法を「パッケージ開発」といいます。

パッケージ開発の大きなメリットは、安価で短納期で構築できること。費用と速さを重要視されている方にはおすすめです。
しかし、汎用されたものを使い構築するため、融通が効かない独自性が低いサイトになります。また運用を構築したサイトに併せて行う必要性がでて来るのがデメリットとなります。
 
 

スクラッチ開発

ゼロから全て構築する方法のことを「スクラッチ開発」と言います。
スクラッチという言葉には最初からという意味があり、完全フルオーダーで構築することからこのように呼ばれています。

メリットは、完全オリジナルの構築ができるため、斬新かつ他社と差別化の図れるサイト構築が実現できます。また、運用フローも自社にフィットさせられることがメリットです。
デメリットは、費用と時間がパッケージと比べ大きくかかってしまうこと。費用は、1000万以上かかることもございます。また、機能によって大きく変動しますが期間がかなりかかってしまう点もデメリットとなります。
 
 

パッケージ+スクラッチ開発

こちらは、パッケージ開発をベースに追加機能をオリジナルで構築する方法を「パッケージ+スクラッチ開発」と言います。
弊社では、パッケージのみでの構築も可能ですが、パッケージ+スクラッチ開発での対応を中心に行っております。

「パッケージ+スクラッチ開発」の開発方法は、パッケージ開発とスクラッチ開発のいいとこどりの構築方法です。
費用はカスタマイズなしのパッケージ開発よりはかかってしまいますが、スクラッチ開発と比べるとかなり費用も抑えられます。
また、必要な機能で既にあるものはパッケージをベースにし、追加で必要な機能はスクラッチで開発するという手法のため、スクラッチ開発より短納期での構築が実現できます。
 
 

おすすめは「パッケージ+スクラッチ開発」


これまで、費用面や構築方法などをご説明してまいりました。

弊社は、今まで累計450社(内マッチングサイト構築は150社)を運用してまいりましたが、この経験からのおすすめの構築方法は「パッケージ+スクラッチ開発」です。

なぜ、おすすめするか理由を3つに分けてご紹介します。
 
 

おすすめ理由① コストを抑えつつオリジナルのサービス構築を実現

すでにある機能はパッケージをベースに、追加機能をスクラッチ開発で行う手法のため、オリジナルに近いサイトを費用を抑え構築できます。
もちろん、完全なパッケージ開発よりはコストかかりますが、機能やデザインに凝ったサイト構築も費用を抑えて構築できます。

こだわりが少ない方はパッケージのみでの開発でも問題ありません。しかし、費用を抑えつつ機能やデザインにこだわりたい方はパッケージ開発ベースで追加機能をスクラッチ開発で行う方法が満足度を得やすいでしょう。
 
 

おすすめ理由② スピーディーにサービスを始めることが出来る

スクラッチ開発に比べると、短納期で構築できることがポイントです。追加機能のみを新たに構築する手法のため、短納期での構築が実現できます。
ただ、機能をどれだけもたせるか、デザインにどれだけこだわるかなどによって構築にかかる期間にも変動がありますので理解しておきましょう。

スピード感を持って構築できることのおすすめ理由として、PDCAを回しながら運用しやすい点です。例えば、構築まで1年近くかかってしまうと、元々始めてみようと思っていたサービスも、時代の変化で需要に変化がが出てくる可能性があります。
新しいサービスを開始するには、まずは早めに開始し、実際に効果をみながらPDCAを回し運用し、追加機能があれば適宜改修する、という方法によって成功する確率もあがりやすくなる可能性があります。
 
 

おすすめ理由③ コストを有効活用できる

スクラッチ開発より費用を抑えられるため、かなり費用がかかることを見込んでいた方は、予算に余裕が生まれることもあるかもしれません。

サービスを広めるためには、マーケティング費用への活用が不可欠です。例えば、PRに有効活用する。
また、スクラッチでの開発を見込んでいた方は、余った予算で追加機能を構築するなど、さまざまなことに有効活用できます。
 
 

まとめ


マッチングサイト構築のおすすめの方法について、下記の3つをご紹介してまいりました。

・パッケージ開発
・スクラッチ開発
・パッケージ+スクラッチ開発

必要となる機能や求めるデザイン、また自社で希望する運用方法などによって、どの方法での構築がおすすめかも変わってまいります。
運用したマッチングサービスにおいて重要視することを踏まえつつ、どの方法での構築を実施するか検討するとよいでしょう。
 
 

高機能なマッチングサイトを低価格で構築できる「カスタメディアMASE」

弊社カスタメディアは、累計実績450社を誇るシステム開発会社です。現在導入実績150社を超えるマッチングサイト構築パッケージ「カスタメディアMASE」を提供しております。
 
今や、中小企業から大手企業までさまざまな企業様の開発に携わらせていただいております。
パッケージ開発+スクラッチ開発での開発がメインとなり、カスタマイズ機能も126種(21年4月現在)あり非常に柔軟性をもったマッチングサイト構築が可能なシステムです。
長年運用しているシステムをベースに構築しているため、運用性も安心!大手企業にも選ばれている理由の一つとなります。
 
マッチングサイトの構築を検討されている方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

カスタメディアMASEについてはこちら
URL:マッチングサイトの構築を「早く・安く・カンタンに」カスタメディアMASE