マッチングビジネスとは?成功のコツとビジネスモデルを紹介

現在、マッチングサービスの市場規模は2兆円を超え、市場は拡大を続けています。

ここで言うマッチングは出会いや婚活などの恋愛マッチングだけでなく、フリマサイトやクラウドソーシング、宅配サービスなどもマッチングサービスに含まれます。私たちの日常生活には、このようなマッチングサービスが数多く存在しているのです。

マッチングビジネスとは、”ヒトとヒト”、”ヒトとモノ”を繋いで、その手数料や広告費などで利益をあげるビジネスモデルを指します。

そんなマッチングビジネスを成功させるために大切なことは、「気づき」です。日常生活の中で、ふとした「気づき」からマッチングの需要が発生することがあります。

今回はこれからマッチングビジネスを始める方に向けて、マッチングビジネスの成功のコツやビジネスモデルについてご紹介します。後半にはマッチングサイト構築プラットフォームのご紹介もあるので、ぜひ最後までご覧ください!

 

目次
‐ マッチングビジネスを始めるにあたって
  ‐ 必要なのは3つの視点
  ‐ 成功事例をチェック
‐ マッチングビジネスの特徴
  ‐ 特徴①低コストで始められる
  ‐ 特徴②クレームや損失が出にくい
  ‐ 特徴③すぐに収益化は難しい
‐ マッチングビジネスのビジネスモデル
  ‐ 掲載料
  ‐ 成果報酬
  ‐ オプション料金
  ‐ 広告収入
‐ マッチングビジネス成功のポイント
  ‐ ポイント①ジャンルの見極め
  ‐ ポイント②市場での新規性
  ‐ ポイント③集客方法の検討
‐ マッチングサイト構築プラットフォームのご紹介
‐ まとめ

 
 

マッチングビジネスを始めるにあたって


マッチングビジネルを始めるに当たって重要なことは何でしょうか。始める前段階で必要なことを説明いたします。

必要なのは3つの視点
マッチングビジネスを始めるにあたって、大切なことは「気づき」だと冒頭でお話しました。日常生活からマッチングビジネスのヒントとなる「気づき」を得るためには、以下のような3つの視点を持つことが重要です。

●ニーズ視点
– そこに必要ものは誰かが持っている?
– 余っているものはないか?
 
●シーズ視点
– 自分の持ち物を誰かが必要としている?
– 余っているものを使ってもらえないか?
 
●集める視点
– 集めれば、何かを動かすことができる?
– 集めれば、マネタイズができる?
 
マッチングビジネスは、必要とされること、必要としていることがあって、初めて成り立つものです。生活を送る中で、自分の周りで上記のような3つの視点から気づくことが、マッチングビジネスを始めるための第一歩となります。
 
 
成功事例をチェック
「気づき」を得た後には、マッチングビジネスの成功例から「どのようなサービス構造にするのか」学ぶことも大切です。マッチングサービスは日本国内よりも、海外で急速に市場を広げている分野のため、海外のマッチングサービスにも目を向けるようにしましょう。

成功事例を確認しておくことで、「どんな機能があれば使いやすいか」「競合サービスとの差別化」など、自分が始めるマッチングサービスの参考になります。
 
 

マッチングビジネスの特徴


マッチングビジネスには以下のような特徴があります。メリットだけでなくデメリットがあることも理解しておきましょう。

特徴①低コストで始められる
マッチングビジネスは、仲介によって収益をあげるビジネスなので、仕入れが発生することはなく、在庫を抱えることもありません。サービスサイトの構築費はかかりますが、その他ではパソコンの購入費や通信費のみで始めることができます。
 
 
特徴②クレームや損失が出にくい
モノやサービスを提供するビジネスと違い、不良品や返品、クレームが発生しづらく、リスクが少ないこともマッチングビジネスのメリットです。
 
 
特徴③すぐに収益化は難しい
マッチングビジネスはサービスサイトをリリースをして、サイトの訪問者が増えるまで時間がかかるため、すぐに収益をあげることはできません。プレスリリースやSNSでの告知などで積極的に集客を行うことが大切です。
 
 

マッチングビジネスのビジネスモデル


マッチングビジネスは大きく下記4つの報酬体系があります。

掲載料
掲載料はマッチングの成立・不成立に関係なく、サービス掲載時に掲載料を受け取るビジネスモデルです。月額課金制にすることで、運営者は安定して利益を得ることができます。
一方で、「掲載だけで料金が発生する」というシステムは利用者がつきづらく、無料のお試し期間を用意するなど、登録までのハードルを下げる工夫が必要です。
 
 
成果報酬
成果報酬はマッチングが成立した時に報酬を受け取るビジネスモデルです。マッチングビジネスでは、この成果報酬型を採用する方も多くいます。利用者側はマッチングが成立するまで費用が一切かからないため、サービス自体の利用者は増やしやすいのが大きなメリットです。
一方で、運営者はマッチングが成立しないと利益がでないため、安定して収益を上げにくいというデメリットもあります。
 
 
オプション料金
オプション料金は、サイト内のサービスに追加オプションを用意して報酬を得るビジネスモデルです。
月額課金制であれば、料金プランをいくつか設定する、など運営するサービスに合わせたオプションを用意しましょう。
様々なオプションを用意することで利用者の幅が広がる反面、オプションの内容や料金の管理が煩雑になるといったデメリットもあります。
 
 
広告収入
広告収入はサイト内に広告を表示して収入を得るビジネスモデルです。
テキスト広告やバナー広告などサイトに合わせて選ぶことが可能で、すぐに導入できることがメリットです。
しかし、収益をあげるためにはかなりのアクセス数が必要となるため、マッチングビジネスで広告収入をメインのビジネスモデルとするのは現実的ではありません。
 
 

マッチングビジネス成功のポイント


マッチングビジネスは、コストを抑えて始められる、クレームのリスクが少ない、といったメリットもありますが、「なかなか収益化につながらない」というデメリットもあります。

そんなマッチングビジネスを成功させるためには下記のポイントを押さえておくことが重要です。

ポイント①ジャンルの見極め
冒頭でマッチングビジネスを成功させるためには身の回りから「気づき」を得ることが大切とお話しましたが、どれだけニーズがあるジャンルでも、事前知識のないジャンルを商材に選ぶのは危険です。
ニーズがある、ということはそれだけ競合のサービスが多いジャンルであるということなので、市場規模が小さくても、自分にとって身近なジャンルの方がマッチングビジネスを始めやすい場合もあります。
 
 
ポイント②市場での新規性
ジャンルが決まったら、これから始めるマッチングサービスは他社との差別化ができるのか確認することも非常に大切です。
同じジャンルで既に競合のサービスがある場合、既存のサービスと比べて、使い勝手の良さや目新しい機能など、利用者を増やすための差別化が必要となります。
 
 
ポイント③集客方法の検討
マッチングビジネス最大のデメリットは「すぐに収益化できない」という点ですが、ここで大切なのが集客になります。
SNSを使って拡散する、検索順位をあげるためのSEO対策を行う、プレスリリースを配信する、などマーケティングの知識も必要です。
 
 

マッチングサイト構築プラットフォームのご紹介


ここまでマッチングビジネスの特徴や成功させるためのポイントについてご紹介してきました。

カスタメディアでは、マッチングサイト構築パッケージの「カスタメディアMASE」を提供しています。カスタメディアはサービスサイトの構築だけでなく、リリース後の集客やサイト構築に活用できる補助金申請のサポートも行っております!お客様のマッチングビジネスをワンストップでサポートが可能です。

「カスタメディアMASE」はマッチング・シェアリングエコノミーサイトを簡単に構築できる弊社独自のパッケージです。現在、導入実績は150社を超え、大手企業様から中小企業のお客様まで、幅広いお客様にご活用頂いております。

ゼロベースからの開発ではなく、パッケージをベースにサイトを構築するため、低コスト・短期間での導入が可能です。標準機能は個別カスタマイズにも対応することができ、またご希望の機能に合わせてオプション機能もご用意しています。運用費は低価格となっており、新規事業立ち上げ時やスタートアップ企業など様々なお客様にご活用頂けます。

カスタメディアMASEhttps://www.kbb-id.co.jp/content/lp/sharing-economy/

 
 

まとめ

マッチングビジネスは大きな市場でなくても、ニーズや新規性があればどのジャンルでも始めることができます。マッチングビジネスを成功させるためには、その特徴を理解して、継続的に収益をあげられるシステムを確立させることが重要です。

「何から始めればいいのかわからない・・」という方も、カスタメディアがこれまでの150社以上の導入実績を活かして、お客様のマッチングビジネスをサイト構築から集客までトータルサポートいたします。少しでも興味がある方は、お気軽にご相談ください!