オンラインイベントの集客のポイントとは?集客方法も合わせて紹介

2021年も引き続き、数多くの企業がオンラインイベントの開催を検討しておられます。
コロナの終息が見えない中、新たにオンラインイベントの開催を検討されている方もいらしゃるのではないでしょうか。

いざ、オンラインイベント開催をするとなった際に重要になるのが「集客」です。
オフラインのイベントとオンラインイベントでは集客方法が異なる部分が多々ございます。
オフラインのイベントと同じような集客では、思うように集客できない、といったこともあるかもしれません。

今回は、オンラインイベント開催が初めての方にもわかりやすく、オンラインイベントの集客の手法等について解説していきます。

 

目次
‐ 増加するオンラインイベント
‐ オンラインイベントの集客にあたって重要なポイント
  ‐ イベントの目的・ターゲットを明確化する
  ‐ イベント参加のメリットを明確化する
‐ オンラインイベントの集客手段
  ‐ ① 自社ホームページ
  ‐ ② リスティング広告
  ‐ ③ SNS集客
  ‐ ④ Facebook広告
  ‐ ⑤ メールマガジン
  ‐ ⑥ イベントポータルサイト
‐ 集客成功のために、ターゲットに対しての適切な広告を!

 

増加するオンラインイベント

新型コロナウイルスの影響で昨年から一気に増加したオンラインイベント。
2021年も多くの企業がオンラインイベントを検討しており、オンラインでのイベント開催が当たり前になりつつあります。

昨年のデータでは、緊急事態宣言以降、一気にオンラインイベントの開催が増加しました。

出典:Peatix Japan株式会社「オンラインイベントに関する調査」

この流れから、毎年オフラインでのイベント開催を実施していた企業もオンラインでのイベント開催に移行し、オンラインイベントが常態化してきました。

オンラインイベントをいざ開催すると、主催者にとっても参加者にとってもメリットが多いものとなっています。主催者が感じるオンラインイベントの利点には、コスト面や参加者のリーチの幅などがメリットとして上げられています。

▼オンラインイベントのメリットについてはこちら
https://www.kbb-id.co.jp/social/onlineivent-merit/

出典:Peatix Japan株式会社「オンラインイベントに関する調査」

このようなメリットからも大変利便性の高いオンラインイベントは今後の主流となってくるでしょう。

 

オンラインイベントの集客にあたって重要なポイント


では、オンラインイベント集客にあたって重要なポイントとは何でしょうか。
集客するにあたり重要になるのが、イベントの企画部分です。特に重要なポイントをピックアップしてご紹介します。

イベントの目的・ターゲットを明確化する

どのような目的か、またどのようなターゲットにするか、によって集客の手法が変わってきます。
イベント開催時には当たり前のことではありますが、まずは開催するイベントの目的とターゲットを明確化させ、何で集客するかを検討することが重要です。

そのために、イベント開催の核となる部分の企画部分を明確につくりこむことが集客にとって重要になるでしょう。これにより、目的とターゲットが明確化し、集客につなげやすくなります。

イベント参加のメリットを明確化する

オンラインイベントは気軽に参加しやすいなどと、オフラインイベントより参加ハードルは低いものの、限りある時間のなかで参加いただくものなので、参加者にとってメリットがないと参加してもらうのは難しいでしょう。
具体的に決めたターゲットに対して、集客時に明確なメリットを提示することが重要です。
ターゲットに対してメリットのあるイベントであれば、参加してもらいやすくなるでしょう。

オンラインイベントの集客手段


オンラインイベントの集客方法には、数ある手法があります。どのような手法で集客できるのか、ご紹介いたします。一つの方法だけでなく、ターゲットに合わせて複数実施しましょう。

自社ホームページ

イベント開催にあたって自社のホームページでのご紹介は必須です。広告に掲載するとどうしても費用が発生してしまいますが、無料で集客することができます。
自社ホームページのアクセスが多くなかったとしても、訪問してきている方は自社に興味をもっている方なので、発見してもらえればイベントに参加してもらえる可能性があります。

ただ、自社で紹介するだけではあまり意味のないものになる可能性もあります。発見してもらえた方に興味をもってもらいやすいように、アイキャッチなどは工夫しましょう。

リスティング広告

リスティング広告は、検索連動型広告とも言われ、検索エンジンで検索したキーワードに関連した広告を検索結果に表示する手法です。

リスティング広告は、ターゲットに合わせたキーワードやテキスト文が重要です。
ターゲットに合わせた広告で、かつターゲットに対するメリットにも訴求できるような内容であれば効果的にアプローチすることが可能です。
費用は多少発生しますが、予算に合わせて調整可能なので、活用したほうが効果的でしょう。

SNS集客

最近は、さまざまな企業でSNSを活用されています。自社で普段からSNSを活用しているという方も多いのでないでしょうか。
SNSは拡散力の高いツールのため、上手く活用できれば多くの方に知ってもらうキッカケづくりができます。
Twitter、Instagram、FacebookなどさまざまなSNSがありますが、ターゲットに合わせて活用し広報することが重要です。また、Facebookであれば、イベント機能を活用することも効果的でしょう。

Facebook広告

Facebook広告は、広告を見せたいユーザーの属性(居住地、年齢、性別、職業、興味関心など)を細かく設定できるため、効率よく集客することが可能です。

またFacebook上だけでなく、Instagramなどにも配信することが可能です。
予算を調整でき低予算からはじめられ、Facebookアカウントを持っていれば利用することができるため、非常に効果的なツールです。

メールマガジン

メールマガジンで自社のお客様や、自社に訪問してくれたお客様にイベントの情報を配信することも重要です。
自社のお客様や自社に一度でも訪問したことのあるお客様であれば、興味を持ってもらいやすい可能性が高いです。そのため、忘れずに配信を行いましょう。

イベントポータルサイト

無料で掲載できるイベントのポータルサイトがあるので、活用しない手はないでしょう。
イベントのポータルサイトの場合、すでに多くの方が利用や閲覧をしている場合が多く、多くの方に見ていただいているツールを活用し発信することで興味を持っていただいた方に参加してもらえる可能性があります。

特に、peatixは多くの方がご利用しているツールなのでおすすめです。

集客成功のために、ターゲットに対しての適切な広告を!


今回は、オンラインイベントの集客手法や成功させるために重要なポイントについて解説してまいりました。

まず、集客の前に必要になってくるのがイベントの内容とイベントのターゲット選定です。まず明確なターゲットを決め、ターゲットに対してメリットを洗い出すことが非常に重要です。そのうえで、ターゲットに対してメリットが伝わるように集客することを意識しましょう。

イベントの集客手法としてはさまざまな方法ございます。ターゲットに合わせた集客方法で、いくつかの手法を実施しながら、目標人数に合わせた集客を実施してみるとよいでしょう。


カスタメディアは、大手や中小企業含め累計450社以上のサイト構築をおこなっています。当社では、オンラインイベント構築パッケージ「Event Terminal」をご用意しております。大手企業での構築実績もあり、運用性の安心なオンラインイベントを短納期で構築できます。

・オンラインイベントの開催を検討している
・構築実績の多い会社でオンラインイベント構築をお願いしたい
・補助金を活用してオンラインイベント構築を実施したい

などの方は、ぜひ実績のある当社にお気軽にご相談ください。
当社では、サイト構築前と後のコンサルティングからサポートまで対応いたします。