オープンイノベーション プラットフォーム構築サービス

「オープンイノベーション プラットフォーム」とは国内の様々なリソースやアイデアを持つ企業・大学・個人・研究機関を結びつけ、イノベーションを起こすための出会いを提供するビジネスマッチングサイトです。

企業はプラットフォームを通じて多様なネットワークを構築できるため、自社の内部リソースだけでは生み出せないような革新的なソリューションを生み出す一歩を踏み出す事ができます。

そうして活性化したプラットフォームから利用料や成果物の販売などで安定した収益を得られるようになれば、まだ少ないオープンイノベーションのプラットフォーマーとしてブランド力を強化することができることでしょう。

オープンイノベーションのプラットフォーム構築はまだ未開拓で先行者利益を得られるため、こと関心を寄せる方も多いと思います。

そこで今回は、そのように検討されてる方に向けて、オープンイノベーションのプラットフォーム構築がカンタンにできる弊社サービス「カスタメディアMASE」をご紹介します。

 

 

\ 今すぐ、オープンイノベーション プラットフォーム構築についてご相談したい方は下記をクリック /

 

オープンイノベーション プラットフォームをカンタンに構築可能なパッケージシステム【カスタメディアMASE】

 

課題・悩み

オープンイノベーションにはいくつかの課題や悩みがあります。

■ポイント

情報の不足やアイデアの組み合わせ:オープンイノベーションは、多様なアイデアや技術の組み合わせに依存していますが、外部からの情報が不足している場合、イノベーションの過程で困難が生じることがあります。

外部リソースとの協力における課題:異なる組織間での協力は、文化的な違いや目標の相違が原因で複雑になることがあり、共同での成果を出すことが困難になることがあります。

知的財産の管理:オープンイノベーションは外部のアイデアや技術を積極的に取り入れることから、知的財産の保護と適切な管理が重要な課題となります。

これらの課題に対応するためには、十分な情報収集と外部との信頼構築、知的財産の明確な管理体制の整備が不可欠です。

また、異なる文化や目標を持つ組織間での協力を円滑に進めるためのコミュニケーションの強化も重要です。

 

オープンイノベーションにおける課題解決

■解決策
当社のシステムを用いたオープンイノベーションプラットフォームは、企業間のコラボレーションを促進し、異なる業界のプレイヤーが新しいアイデアや技術を共有し合うことで、大きな価値を創出します。

このプラットフォームは、特定の技術や協力者を簡単に見つけることができる機能を提供し、ユーザー間の意見交換やディスカッションを活性化します。

■ポイント

イノベーションプラットフォームの提供
 →企業や研究機関が自らのアイデアや技術を公開し、パートナーシップを求めることができるから、革新的なアイデアの実現が促進されます。

コミュニティ形成とエンゲージメントの促進
→専門的なコミュニティやフォーラムを設けることで、ユーザー間の交流が深まり、新たな解決策の創出につながります。

クラウドソーシングとクラウドファンディングの機能統合
→ユーザーがプロジェクトを投稿し、必要な資金やリソースを集めることができるから、アイデアが具体的なプロジェクトに発展しやすくなります。

当社のプラットフォームは、ユーザーからのフィードバックを効率的に収集し、サービス改善につなげる分析ツールとフィードバックシステムも備わっております。

そのため、新しいアイデアの創出や既存の問題への解決策が提案されやすい環境を提供し、オープンイノベーションの推進に貢献することができます。

これらの機能を通じ、企業はビジネスチャンスへのアクセスポイントを確立し、多様な業界からの利用者を惹きつけることができます。

 

導入実績250サイト突破、マッチングサイト構築の決定版『カスタメディアMASE』とは?


マッチングサイト・シェアコミュサイト定番の「4つのタイプ」+「20種類以上の基本機能」をパッケージ化。そこに「独自カスタマイズ」を組み合わせることで「早く・安く・カンタン」にサイト構築できるのが「カスタメディアMASE(Matching And Sharing Economy)」です。 パッケージの強みを活かし、最短3ヶ月でのリリースが可能です。

 

 

\ 今すぐ、オープンイノベーション プラットフォーム構築についてご相談したい方は下記をクリック /

 

オープンイノベーション プラットフォームをカンタンに構築可能なパッケージシステム【カスタメディアMASE】

 

 

オープンイノベーション プラットフォームの事例

事例① Creww株式会社

サイト名:Creww

サイトURL:https://creww.me/

■ポイント

・オープンイノベーションのプラットフォーム提供

→スタートアップと企業を繋げ、共創を促進するプラットフォームを提供しているため、新しい事業機会の創出が可能です。

・多様なアクセラレータープログラム

→定期的にアクセラレータープログラムを開催し、スタートアップの成長を支援することで、イノベーションの速度と質を向上させます。

・豊富な事業開発支援経験

→実績豊富なサポートと独自のメソッドで、企業のオープンイノベーション活動を具体的に推進し、成功確率を高めることができます。

 

事例② 横浜市

サイト名:LIP.横浜

サイトURL:https://lip.city.yokohama.lg.jp/

■ポイント

・地方自治体によるオープンイノベーションの推進

→地方自治体が主導することで、地域社会の課題に対する広範な解決策を集め、実行することができます。

・多様な業界との連携

→異業種の企業や研究機関が連携することで、地域特有の課題に多角的なアプローチが可能です。

・市民との協働

→市民が直接参加するプロジェクトにより、市民自身のニーズに基づいた実践的な解決策を生み出すことができます。

 

事例③ 株式会社eiicon

サイト名:AUBA

サイトURL:https://auba.eiicon.net/

■ポイント

・オープンイノベーションを推進するプラットフォーム

→企業が自社の課題を公開し、広い範囲から解決策を募集できるため、新しいアイデアや技術が生まれやすいです。

・多様な産業との連携

→異なる産業の企業や研究者が参加しているため、多角的な視点からのアプローチが可能です。

・実用的なソリューションの提供

→実際に企業の具体的な課題に対して解決策を提供し、新たなビジネスチャンスを創出します。

 

オープンイノベーションの例として、Creww株式会社、横浜市のLIP.横浜、株式会社eiiconのAUBAという三つのプラットフォームがあります。

これらのプラットフォームは、それぞれ異なる方法でオープンイノベーションを推進し、特有の強みを持っています。

Crewwは、企業とスタートアップの間で新しい事業機会を創出するための場を提供します。このプラットフォームを利用することで、企業は外部の技術やアイデアを取り入れ、革新的なプロジェクトを迅速に進めることができます。結果として、事業開発のスピードが大幅に向上します。

LIP.横浜は、地方自治体が主導するオープンイノベーションの一例です。地域社会の課題を解決するために、市民や様々な業界の企業と協力します。市民が直接参加することで実践的な解決策が生まれ、地域全体の活性化に貢献します。

AUBAは、企業が直面する具体的な課題に対して広範囲からの解決策を募集するプラットフォームです。異業種間での協力を促進し、多角的な視点から問題解決を行うことが可能となります。また、新たなビジネスチャンスを企業に提供することもこのプラットフォームの大きな利点です。

これらの例は、オープンイノベーションがいかに多様な形で実施されているかを示しています。

各プラットフォームは、それぞれの独自の方法で企業や地域社会、さらにはスタートアップに対して価値を提供し、新しい事業の機会を創出しています。

こうした取り組みにより、参加者は新しい技術やアイデアを探求し、持続可能な成長を目指すことができます。

 

まとめ

オープンイノベーションのプラットフォームを利用することで、異なる業界のプレイヤーが新しいソリューションを創出し、企業のブランド力強化や収益の安定化を目指せます。

しかし、外部情報の不足や異なる文化間の課題、知的財産の管理といった問題も存在し、これらに対処するためには、情報収集の強化、信頼構築、そして知的財産の明確な管理体制の確立が必要です。

カスタメディアMASEを使用することで、これらの問題に対応しながら、オープンイノベーションを促進し、新たなビジネスチャンスを生み出すことが可能です。

このシステムは、簡単にアイデアやリソースを共有し、パートナーシップを築くことができるため、企業にとって非常に有効な手段となります。

すでに250以上のサイトで利用されており、最短3ヶ月でのリリースが可能となっています。

オープンイノベーションのプラットフォーム構築をお考えの方は是非一度お問い合わせください!

 

 

事例ダウンロードはこちら
事例ダウンロードはこちら