パッケージ開発とスクラッチ開発どちらがおすすめ?メリットとデメリットあわせて紹介

サイト構築にあたり、2つの開発方法があります。それは、“パッケージ開発”と“スクラッチ開発”です。

サイト構築を検討中の方で、どの方法でお願いするか悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。
また、それぞれのメリットやデメリットが分からず悩まれている方も多いのではないでしょうか。

今まで450社以上のシステム開発を行った実績のある弊社カスタメディアが、それぞれのメリット・デメリット踏まえポイントをご紹介します!

こちらの記事は下記の方必見です。
 ・それぞれの開発方法のメリットとデメリットを知りたい
 ・サイト構築にあたり、どの方法で行うか悩んでいる

パッケージ開発とスクラッチ開発のメリット・デメリットを知り、皆様にとってどちらで構築すべきか検討時の参考にしてください。
 
 

目次
‐ パッケージ開発とスクラッチ開発の違い
  ‐ パッケージ開発とは
  ‐ スクラッチ開発とは
  ‐ 違いは“既存のシステムを使うか使わないか”
‐ パッケージ開発の3つのメリット
  ‐ メリット①費用を抑られる
  ‐ メリット②短期間で構築できる
  ‐ メリット③予算を有効活用できる
‐ パッケージ開発の2つのデメリット
  ‐ デメリット①完全オリジナルの開発ができない
  ‐ デメリット②業務のやり方・進め方をシステムに合わせる必要がある
‐ スクラッチ開発の2つのメリット
  ‐  メリット①独自性の高い、完全オリジナルの開発が可能
  ‐ メリット②長きにわたり使い続けられる
‐ スクラッチ開発の2つのデメリット
  ‐ デメリット①初期費用が高額
  ‐ デメリット②導入まで時間を要する
‐ パッケージ開発とスクラッチ開発の比較する際のポイント
‐ サイト構築でおすすめのパッケージとは?
  ‐ カスタメディアMASE
  ‐ カスタメディア
‐ まとめ

 
 

パッケージ開発とスクラッチ開発の違い


“パッケージ開発”や“スクラッチ開発”という言葉、サイト構築を検討するにあたり初めて耳にするかたもいらっしゃるのではないでしょうか。まずは、それぞれどんな開発方法なのか解説いたします。
 
 

パッケージ開発とは

既にあるシステムを使い開発する方法を「パッケージ開発」といいます。

パッケージと聞くと自由のきかないサイト構築しかできないのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、パッケージといえど様々な種類がございます。

追加機能無しの低単価短納期で構築できる完全なるパッケージもございますし、最近では必要機能を追加カスタマイズする形のオリジナルに近いサイト構築が実現できるパッケージもございます。
 
 

スクラッチ開発とは

ゼロから全て構築する方法のことを「スクラッチ開発」と言います。
スクラッチという言葉には最初からという意味があり、完全フルオーダーで構築することからこのように呼ばれています。
 
 

違いは“既存のシステムを使うか使わないか”

パッケージ開発とスクラッチ開発の大きな違いは、既存のシステムを使って開発を行うかどうか。

スクラッチ開発でも、中には、テンプレートやフレームワークを流用することもあるようですが、基本はイチからの開発です。
この開発方法の違いにより、開発費用や開発にかかる時間が大きく変わってきます。
 
 

パッケージ開発の3つのメリット


まずは、パッケージ開発のメリットを3つご紹介します。
 
 

メリット①費用を抑えられる

パッケージ開発の1番のメリットは、費用を抑えて構築できることです。

初めて構築で大きな予算を確保できないという方もいらっしゃるでしょう。
パッケージ開発だとゼロからの開発のため、大幅な費用がかかってしまいます。一方、パッケージ開発は既存のシステムを利用し構築するため費用を抑えることが可能です。

費用を抑えてサイト構築を行うことで、余った予算を有効活用することも可能となります。例えば、サイトを知ってもらうためのPR費用や、運用後の改修費など。

有効的な活用ができるという観点でも、費用を抑えられるという点で大きなメリットとなるでしょう。
 
 

メリット②短期間で構築できる

メリットの2つ目は、短期間で構築できるという点です。

スクラッチ開発だとイチからの構築となるため、どうしても時間がかかってしまいます。
パッケージ開発は、既にあるシステムを使って行うため、スピード感もって構築が可能となります。

パッケージ開発でも、カスタマイズなどがあれば多少時間がかかりますが、スクラッチ開発よりは時間をかけずに構築することができます。

時間をなるべくかけずに構築したいという方はパッケージでの開発が良いでしょう。
 
 

メリット③予算を有効活用できる

メリットの3つ目は、予算を有効活用できることです。

先ほどもご紹介しましたが、パッケージ開発よりかなり予算を抑えられます。開発したサイトを多くの方に知ってもらい、利用者を拡大するためには、ある程度予算をかけてPRをすることが大変重要です。

サイトを知ってもらわないことには、利用してもらう人も増加しません。
パッケージ開発は予算を抑えられるため、先行投資という形である一定PRとして予算をかけサイトを運用するとよいでしょう。

また、サイトを運用するにあたり改善すべき点が浮き彫りになることがございます。そこで、改修するための予算が無かったら元も子もありません。

予算にある程度余裕をもって構築を行うことで有効活用できるため、効率的なサイト構築にも繋がるでしょう。
 
 

パッケージ開発の2つのデメリット


続いて、パッケージ開発のデメリットを2つ紹介いたします。

デメリット①完全オリジナルの開発ができない

一番のデメリットは、“完全オリジナルの開発ができないこと”です。

サイトの細部にまでこだわって構築したい方にとっては、デメリットになりえます。
パッケージでのカスタマイズによって、オリジナルに近いサイト構築は可能ですが、完全オリジナルというのはどうしても不可能になってしまいます。
 
 

デメリット②業務のやり方・進め方をシステムに合わせる必要がある

2つ目のデメリットは、運営面でのデメリットです。

既存システムでの構築のため、運用をシステムベースに合わせる必要があるでしょう。
ただ、運用自体はそこまで難しくなくできる場合も多いため、柔軟に対応できれば問題ないでしょう。

しかし、運用面でもこだわりを持ちたい場合はスクラッチ開発の方が、柔軟に対応できる可能性もあるため良いかもしれません。
 
 

スクラッチ開発の2つのメリット


スクラッチ開発には、パッケージ開発にないメリットがいくつかございます。メリットを2つご紹介します。
 
 

メリット①独自性の高い、完全オリジナルの開発が可能

一番のメリットは、独自性の高い開発が可能である点です。

前述したとおり、ゼロの状態からシステムを構築するため、こだわった斬新なシステムを構築することが可能となります。
他社にはない独自性の高い機能を導入したい場合や他社との差別化を図りたい場合は、パッケージ開発の方が良い可能性があります。

また、運営フローも自社にフィットした形で行え、デザイン面も追求できるため、自社にとって理想のシステム構築をしたい場合はスクラッチ開発が有利といえます。
 
 

メリット②長きにわたり使い続けられる

パッケージ開発の場合、パッケージを提供している企業がサポートを終了してしまう可能性もゼロとはいいきれません。
その場合、ゼロから作り直す必要性がでてくる可能性があり、費用と時間を要します。

ただ、実績が多くある会社や運用が長い会社などは、安定しているため、心配する必要はないでしょう。
 
 

スクラッチ開発の2つのデメリット


続いて、スクラッチ開発のデメリットについてご紹介します。
 
 

デメリット①初期費用が高額

一番のデメリットは、パッケージ開発より大幅に費用がかかってしまうことです。

ゼロからの開発で構築を行うため、費用面はある程度用意できないと開発は難しいでしょう。
安いと300万~と一般的には言われておりますが、場合によっては、数千万かかる可能性もあります。

もし構築したいサイトがパッケージでも構築が出来る場合は、費用を抑えられるパッケージを選んだ方が費用、時間含めて効率的でしょう。
 
 

デメリット②導入まで時間を要する

2つ目のデメリットは、パッケージに比べ長期の時間を要する可能性が高いことです。

新しく開発となると、既存のシステムがなく、設計や開発もゼロからのため時間を要します。
そのため、スクラッチでの構築を行う場合は、開発期間に猶予をもって依頼することが大切です。
 
 

パッケージ開発とスクラッチ開発を比較する際のポイント


ここまで、パッケージ開発とスクラッチ開発のメリットとデメリットをご紹介してまいりました。
では、開発先を選定する際どんなポイントを比較すればよいでしょうか。
 
 

どこまでの機能を求めるか

他社にないような独自性を持った機能で開発したい場合は“スクラッチ開発”の方が良い可能性が高いです。
しかし、パッケージ開発でもカスタマイズできるシステム開発会社であれば、かなりオリジナル性の高い構築も可能となっております。
構築したいものがパッケージでできないのかを調べたうえで、難しい場合はスクラッチ開発での構築がおすすめです。

何故なら、パッケージ開発であれば、費用を抑えられ且つ短期間で構築が可能。更には、抑えた費用分をPRなどに有効活用できるため、サイトを多くの利用者の目に触れてもらう機会を増やすことができるからです。

スクラッチ開発で検討しているシステムが、実はパッケージで構築可能で安く短納期で構築できた、などがあったら非常に損をしてしまいます。
構築するシステムの機能面がパッケージで開発できるか、できないかをまずは見極め、そのうえでメリットやデメリットを考慮したうえでシステム開発会社を選定するのがよいでしょう。
 
 

サイト構築におすすめのパッケージとは

これまでパッケージ開発とスクラッチ開発のメリットやデメリットを踏まえてポイントなどをご紹介してまいりました。
弊社カスタメディアでは、豊富なカスタマイズ機能を持つパッケージシステム「カスタメディアMASE」と「カスタメディア」を提供しています。
 
 

「カスタメディアMASE」


マッチングサイトシェアリングエコノミーサイトを構築できるパッケージシステムです。
例えば、メルカリのようなフリマサイト、ココナラのようなスキルシェアサイト、Airbnbのような予約マッチングサイト、更にはクラウドファンディングサイトの構築が可能です。
現在、導入実績は150社を超え、大手企業様から中小企業のお客様まで、幅広いお客様にご活用頂いております。

全126種の豊富なカスタマイズ機能を持ち、構築したいサイトに合わせて必要な機能をカスタマイズが可能です。

カスタメディアMASEについてはこちら:https://www.kbb-id.co.jp/content/lp/sharing-economy/

 
 

「カスタメディア」


会員制サイト、ポータルサイト等のオウンドメディアサイト構築が可能なパッケージシステムです。
2005年から約15年、長きに渡り運用を続け、現在の導入実績は300社以上に及びます。

「カスタメディア」も「カスタメディアMASE」と同様、豊富なカスタマイズ機能を持ち、構築したいサイトに合わせて必要な機能をカスタマイズすることが可能です。

カスタメディアについてはこちら:https://www.kbb-id.co.jp/content/lp/customedia

 
 

まとめ


今回は、パッケージ開発・スクラッチ開発のメリットとデメリットと選定の際のポイントなどをご紹介いたしました。

システム開発となると多大な費用がかかるため、慎重に開発会社を選定することが重要です。
メリットとデメリット踏まえたうえで、パッケージ開発を行う会社かスクラッチ開発を行う会社か構築したいシステムに合わせて検討しましょう。

弊社では、累計450社の導入実績のノウハウを活かし、サイト構築から集客までのトータルサポートを行っています。また、補助金のサポートも実施しています。
サイトを構築したいけど「何から始めればいいのかわからない…」お悩みの方はぜひお気軽にご相談ください。