tech 社員コラム

【インターンコラム】最終回 「使ってはいるけどクラウドサービスってなんのこと?」

日頃よりカスタメディアのコラムをご覧頂いている皆様!
こんにちはインターンの’M’です。早いものでコラムも今回が最終回となります。
本日も是非最後までお読み頂けたらうれしく思います◎

目次
1.クラウドとは?
2.メリット、デメリット
3.身近で便利なクラウドサービス
4.まとめ

1.クラウドとは?

クラウドとはクラウドコンピューティングの略称で、インターネット上にあるデータやソフトウェアなどを
どこに存在するか意識することなく使える環境や利用形態のことです。
諸説ありますが、英語のcloud=雲から名前の由来が来ているのではないかといわれています。

クラウドが登場するまでは、
データは自分のPCやスマートフォンに保存し、保存したデータはその機器でしか利用できず他の機器で使用する際はUSBメモリなどのメディアにコピーして移動する必要があったのです。
ソフトウェアも同様にインストールしたPCやスマートフォンでしか利用できませんでした。しかし、ネット上にデータを保存しソフトウェアを利用できるクラウドによっていつでもどこでもどんな端末でも、自由にデータやサービスを利用することが可能になりました◎

クラウドの登場により、インターネットがあればどんな端末からでも作業ができたり共有ができるなんてすごく効率も良いですし
使わない手はないですね!!

 

2.メリット、デメリット

とても便利なクラウドですがメリットデメリットをまとめてみました!

■ メリット
・時と場所を選ばずアクセス可能
・基本的に無料で利用可能
(※使用するクラウドサービスにより異なる)
・メンテナンスや更新作業が不要
・運用が楽

■ デメリット
・無料で使えるサービスには制限がある
・情報漏洩のリスク
・サービスが停止する可能性
・保存したデータの損失

このようにメリット、デメリットをまとめてみて、
私個人的な意見としてはメリットがすごく多くデメリットに対しても従来のようにUSBメモリ等に保存しておけばデータの損失は防げたり少しの対策もできそうなので従来のように管理したり、クラウドでも管理したりと多様化できそうですね。

 

3.身近で便利なクラウドサービス

ひとえに、クラウドサービスといっても様々なサービスがありますがその中でも身近なものを3つご紹介したいと思います。

Google
Googleの中の機能「Gmail」こちらの昨日もGoogleのクラウドサービスの一環になります。
当たり前のように使っていたので私的には驚きでした(笑)
その他にも「Googleドライブ(オンラインストレージ)」「Googleフォト(写真用オンラインストレージ)」「Googleドキュメント(文書作成)」など
従来であればソフトを購入しないとできない作業もクラウドサービスとして利用できるなんてさすがGoogle先生です。(笑)

iCloud
iCloudは、Apple社が提供するクラウドサービスです。Apple製のiOS搭載のデバイスを相互に連携できAppleユーザーなら使いこなしたいサービスですね◎
(Webメール、写真用のオンラインストレージ、カレンダー、連絡先などの機能あり)
私はずっとiPhone所有で今年MacBookも購入したので、大変お世話になっております!!

Dropbox
無料のオンラインストレージの先駆けのような存在のDropboxです。
マルチデバイスに対応しており、Windows・Mac・iPhone・Android・タブレットなどあらゆる機器に対応しているんです。
(様々なファイルや写真データ等共有可能)
全世界で数多く使われており無料で使える容量は2GBですが友人に紹介をすると最大16GBまで増やすことも可能です!
使う用途や容量によって料金プランがあるので自分に合ったプランで有効活用できればいいですね◎

 

4.まとめ

クラウドサービスの登場により、
データ管理や共有などすごく便利になりどこでも作業ができる便利なことだらけのようですが
一方で、サービスの急な停止や情報漏洩音のリスクなどのには十分注意しながら快適に活用できたら良いかなと思いました。

ちなみに、クラウドサービスを活用したシステム構築はまさにITのシェアリングエコノミーに値します◎
そして私がお世話になっているカスタメディアさんの様々なシェアリングエコノミーサービスのご提案をしております。
ジャンル問わずマッチング・シェアリングエコノミーサービスをこちらから是非ご覧くださいませ。

全4回のコラムもこの回をもちまして最後とさせて頂きます!
つたない内容や文面でしたが少しでも皆様のお役に立てたとしたら幸いです。
お読み頂き誠にありがとうございました。