info 新着情報

ページ更新-O2Oマーケティング、シェアリングエコノミー・プラットフォームのページを追加しました

O2Oマーケティングとは

O2Oとはオンライン トゥー オフライン(Online to Offline)の略で、
スマートフォンやインターネットを介したオンラインのプロモーションを利用して
消費者を実世界(オフライン)に送客する仕組みです。 ネットとリアルの距離が
ますます縮まる新しい消費社会で、O2Oは新しいマーケティングの決定打です。

シェアリングエコノミー・プラットフォームとは

シェアリングエコノミーとは、AirBnBやUberに代表される、場所・乗り物・モノ・人・お金などの遊休資産をインターネット上のプラットフォーム(マッチングプラットフォーム)を介して個人間で貸借や売買、交換することでシェアしていく新しい経済の動き(共有型経済)のことです。

シェアリングエコノミーは2015年以降インターネット環境の普及に伴って、市場規模を拡大してきております。

KBB,I&Dはシェアリングエコノミーサイトを立ち上げるプラットフォームの構築サービスを提供いたします。

詳細は下記のページをご参照ください。

https://www.kbb-id.co.jp/content/lp/sharing-economy/

株式会社カスタメディア

フリーコール
0120-951-277
お問合せ
メールフォーム