info 新着情報

分譲マンション初※1!住民間シェアリングエコノミーツール「シェアコム」を日鉄興和不動産株式会社様と共同開発しました。

2020年8月7日、日鉄興和不動産株式会社様(本社:東京都港区、代表取締役社長:今泉 泰彦)が運営する単身世帯の暮らしや住まいの研究を行う「+ONE LIFE LAB(プラスワンライフラボ)」と株式会社カスタメディア(本社:神戸市中央区 代表者:代表取締役社長 宮﨑耕史)が、分譲マンション向けのシェアリングエコノミーツール「シェアコム」を共同開発したことを発表しました。
また、2020年12月に販売を開始する、「リビオレゾン松戸ステーションプレミア」への導入が決定しております。

「シェアコム」は、「+ONE LIFE LAB(プラスワンライフラボ)」の男女1,000人を対象に実施した「マンションにおける共用部・シェアリングサービス調査」の主な調査結果から、シェアリングサービスに対しての抵抗感などが少ないことや、住民間でのやり取りであれば軽減されることからシェアリングサービスに着目し、誕生したサービスとなります。

※「+ONE LIFE LAB(プラスワンライフラボ)」が行った調査結果

日鉄興和不動産株式会社様のニュースリリースにて公開されています

+ONE LIFE LAB(プラスワンライフラボ)とカスタメディアが共同開発
分譲マンション初※1!住民間のシェアリングエコノミーツール「シェアコム」誕生
https://www.nskre.co.jp/company/news/2020/08/2020080702.pdf

■日鉄興和不動産株式会社様について
日鉄興和不動産株式会社様は、「人と向き合い、街をつくる。」という企業理念を元に、都心部を中心とした都市開発やビルの開発・賃貸事業、分譲マンション開発や都市部の市街地開発、また外国人向けの高級賃貸住宅事業を主力とし事業を展開し、数多くの実績があります。
ビル事業では、高品質のオフィスビルに最先端なスペックを備えつつ、緑の配置で環境配慮も行う大規模都市開発の「インターシティー」シリーズ、企業活動に資する本質を追求するためのオフィスとして開発した「BIZCORE」シリーズ、マンション事業では、都市型の多様なライフスタイルに応える「リビオ」シリーズや、利便性や効率性、快適性を兼ね備えた都市型コンパクトマンション「リビオレゾン」シリーズ等の開発を行われております。
多様な人を大切に想う街づくりを展開している中、単身世帯のライフスタイル、価値観等を考察し発信を行う研究所暮らしとして「+ONE LIFE LAB(プラスワンライフラボ)」を運営されています。

日鉄興和不動産株式会社様URL: https://www.nskre.co.jp/

■「+ONE LIFE LAB(プラスワンライフラボ)」について
近年、都市部を中心に、シングルライフを送る方が増え、ライフスタイルが多様化しております。人それぞれ、自分らしくシングルライフを送りたいと思っております。そんな方々に寄り添うために、リアルな声を集めカタチにしていく研究所が「+ONE LIFE LAB(プラスワンライフラボ)」です。アンケートを基にした、シングルライフを充実させる、新しい理想の暮らし方・商品などを提案されています。

「+ONE LIFE LAB(プラスワンライフラボ)」URL:https://plusonelife-lab.jp/#page-1

■各種ニュースサイト、メディア53媒体にて取り上げられました!(2020年8月17日時点)
以下、主要なニュースサイト、メディアをピックアップしてご紹介いたします。

【プレスリリース掲載先】
Yahoo!ニュース「日鉄興和不動産とカスタメディア、マンション住民間のシェアエコツール「シェアコム」を開発」
https://news.yahoo.co.jp/articles/fe6462f8dfd5e5a263318b38c5f4d53b47a2ba4c
NewsPicks「分譲マンション初! 住民間のシェアリングエコノミーツール「シェアコム」誕生」
https://newspicks.com/news/5135604
CNET Japan「日鉄興和不動産とカスタメディア、マンション住民間のシェアエコツール「シェアコム」を開発」
https://japan.cnet.com/article/35157928/
excite.ニュース「分譲マンション初※1! 住民間のシェアリングエコノミーツール「シェアコム」誕生」
https://www.excite.co.jp/news/article/Techable_133937/

■「シェアコム」について
「シェアコム」は、「+ONE LIFE LAB」と「カスタメディア」のマンションシェアリングエコノミーツール「Condo Sharing」をカスタマイズし共同開発をした、マンション内の住民が持つ「モノ」や「スキル」を専用サイトを利用しシェアすることが出来る、シェアリングエコノミーツールとなります。
「シェアコム」は、同じマンションの住民に対し利用したい「モノ」や「スキル」の募集をし、募集に合致する人がいるとマッチングしエスクロー決済にて対価の支払いをするというシステムです。また、受け手側同様、「モノ」や「スキル」を提供したい人も募集が可能です。
例えば、「アウトドアグッズを借りたい」「英語を教えてもらいたい」などのニーズに他の住民が対応し、「モノ」や「スキル」をシェアするためのマッチングが行われます。また、住民間の新しいコミュニティの形成にも活用できるサービスです。

※「シェアコム」サービス利用画面

※「シェアコム」利用時の流れ

■「シェアコム」を導入予定の「リビオレゾン松戸ステーションプレミア」の物件情報

「リビオレゾン松戸ステーションプレミア」の物件サイト
https://nskre.jp/matsudo/sharecom/index.html

■「Condo Sharing」について
「Condo Sharing」とは、シェアリングエコノミーの様々な機能をSaaSで提供するカスタメディアMASEをベースとした、マンションコミュニティ特化型のシェアリングエコノミーツールです。同じマンションに居住する住民間で、モノやスキルの貸し借りや売り買いを仲介することができる、新たなマンションコミュニティを創造するシェアリングエコノミーツールとなっています。

「Condo Sharing」https://www.kbb-id.co.jp/content/lp/condo/

株式会社カスタメディアは、日鉄興和不動産株式会社様の「+ONE LIFE LAB(プラスワンライフラボ)」と共同開発を行った「シェアコム」を、新しい時代のマンションコミュニティとして活用していただくことで、豊かなマンションコミュニティの生成とエコでスマートな未来に貢献することを期待し、積極的にパッケージエンジン販売の営業活動を行っていく所存です。

※1 同じマンション内の住民間でモノ・スキルの仲介だけでなく、相互評価、オンライン決裁、ポイント利用等ができる総合的なシェアリングエコノミーツールとなるCondo Sharing の導入は、分譲マンション初(カスタメディア第1号案件)となります。