work ワーク

「ベストなパン屋さん」を探せる パン屋さんのポータルサイト『パンじゃべ』を導入しました!

“ベストなパン屋さん”  を“日本全国いつでもどこでも検索できるお気に入りのパン屋さんがきっと見つかるポータルサイト
パンじゃべを「カスタメディア  ポータルサイト千客万来」にて導入、構築させて頂きました。

  運営者
本社所在地
事業内容
パンじゃベ運営部
〒602-0853 京都府京都市上京区宮垣町91-102
ポータルサイト、メディア運営事業
公式インスタグラム  https://www.instagram.com/panjabe_official/?hl=ja

 

「パンじゃべ」について

「パンじゃべ」は、あなたにとって「ベストなパン屋さん」を探せるパン屋さんのポータルサイトです。

「パンじゃべ」では、お気に入りのパンやブログを投稿する機能や、パンの焼き上がり時間を表示する機能(特許申請中)があり、ご自身にぴったりのパン屋さんを見つけることができます。
また、全国のパン屋さん情報を随時更新し、現在地情報からお近くのパン屋さんを探すこともできます。


 
 
■「パンじゃべ」サービス立ち上げの背景

意外と多いパン屋さんのフードロス
パン屋さんに行くといつもたくさんのパンが並んでいることが当たり前になっています。
しかし、それは閉店後にたくさんのパンが廃棄されることを意味しているかもしれません。
昨今、フードロスが大きな社会問題となっています。一番美味しい状態のパンを食べてもらいたい、少しでも廃棄されるパンを減らしたいという思いが立ち上げの背景です。
 
 
■「パンじゃべ」の特徴
上記のようなお悩みを解決するために、以下の特徴を取り入れサービスを構築いたしました。

<利用者にベストな情報を提供し、廃棄処分も削減>
店舗側
・全国の利用者に店舗の紹介ができます
個人経営の店舗では、広告媒体が限られるというお悩みがあげられます。
店舗を登録したりブログを投稿したりすることで、店舗の最新情報を全国の利用者に紹介することができます。
また、利用者が写真を投稿することで口コミによる集客も期待できるサービスです。

利用者側
・パンの焼き上がり時間が表示されます
それぞれのパンに焼き上がり時間が表示(特許出願中)されるため、
焼きたてのパンを手に入れて、一番美味しい状態で食べることができるサービスとなっております。
また、焼きたてのパンを待ち時間なく購入することができ、利用者が密集することを避けるだけではなく、
店舗側も見込み生産を減らせるため廃棄処分を削減できる利点があります。

・人気のパンを探せます
全国のパン屋さんの情報を随時更新しています。
各店舗毎のランキングを表示し、店舗だけではなくお好みのパンから情報を探すことができるサービスとなっています。
お近くの店舗の人気の焼きたてパンや、今まで知らなかった人気のパンを手に入れることができます。

<アプリやSNSをフル活用>
無料のアプリをダウンロードすることで使いたい時にすぐにパンじゃベの全ての機能が使えます。
利用者のオススメのパンや、全国のパン屋さんの情報を随時更新しています。

また、近所や旅行先、学校や会社の近くの店舗を検索できます。
現在地情報から、今いる場所の近くの店舗を探すこともできます。

・App StoreおよびGoogle playから無料ダウンロード可能です。
■iPhone の場合
以下の「App Store」からのダウンロードが可能です。
AppStoreで入手

■Android 搭載端末の場合
以下の「Google play」からのダウンロードが可能です。

・SNSで最新情報を見ることができます。
全国のパン屋さんの最新情報をinstagramとtwitterで随時更新しています。
スマートフォンやタブレットがあれば、いつでもどこでもチェックすることができます。
  

<ブログやコミュニティーなど役立つ様々なコンテンツ>
会員登録をすることで、サイト内にブログを投稿したり、コミュニテイーを作り情報交換をすることができます。
店舗紹介だけではなく、オススメのパンの紹介やイベントの開催も可能です。


 
 
■「パンじゃべ」のサイトはこちら

「ベストなパン屋さん」を探せる パン屋さんのポータルサイト
「パンじゃべ」https://panjebe.com/

 
 
■弊社ではマッチングサイト、シェアリングエコノミーサイト、SNSサイトを始めとした多数の実績がございます。
構築にあたり、補助金の活用や独自のキャンペーン等も随時実施して、新規事業をお考えの皆様やスタータップのご支援も積極的に行わせて頂いております。
少しでも気になりましたら、お気軽にお問合せください。

位置情報対応ポータルパッケージシステム
千客万来についてはこちら