シェアリングエコノミー事業におけるビジネスアイデア出しのコツとは

シェアリングエコノミー事業におけるビジネスアイデア出しのコツとは

最近“シェアリングエコノミー”という言葉を耳にすることが増えた、という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

シェアリングエコノミーは今、非常に市場が拡大している分野です。
2020年度には市場規模は過去最大の2兆円を超え、2030年度にはなんと14兆円にまで拡大すると言われております。

まさしく、シェアリングエコノミーは狙い目の市場です。

本記事は下記の方におすすめの内容です。

    ・シェアリングエコノミー事業を検討している
    ・事業のアイデア出しに困っている

シェアリングエコノミーサイトやマッチングサイトの構築実績150社以上の弊社のノウハウを活かし、シェアリングエコノミーのビジネスアイデアのコツについて詳しく解説します。
 
 
\ 低価格・短納期で構築を実現!シェアリングエコノミーサイト構築パッケージについてはこちら /

 

目次
‐ シェアリングエコノミーが拡大する背景とは
 ‐ “所有”から“共有”への価値観の変化
 ‐ 節約志向を持った人の増加
‐ 人気のシェアリングエコノミーサービスとは
 ‐ メルカリ
 ‐ Airbnb
 ‐ ココナラ
‐ シェアリングエコノミー事業におけるビジネスアイデアのコツ
 ‐ 過去の経験での“あったらいいな”を参考にする
 ‐ 需要と供給があるか
 ‐ 競合他社を調査する
 ‐ 利用しやすいプラットフォームを検討する
‐ まとめ

 
 

シェアリングエコノミーが拡大する背景とは

シェアリングエコノミーが拡大する背景とは
「シェアリングエコノミー」とは、個人や企業が持つモノやスキルなどの遊休資産をインターネット上のプラットフォームを介して個人と取引するサービスです。

冒頭でも申し上げましたが、シェアリングエコノミーは2030年までに大きな拡大を見せることが予測されています。ここまで大きく拡大を見せることが予測されているのには、いくつか理由があります。
 
 

“所有”から“共有”への価値観の変化

現代では、モノの豊かさより、ココロの豊かさを重視する方が増加しました。

例えば、モノであれば所有せずに利用したいときに利用するという価値観を持った方が増加。この価値観の変化により、モノを所有することが減少しました。

カーシェアやサイクルシェアなど、乗り物系のシェアリングエコノミーが最近人気なのも、このような背景があるでしょう。

所有せずに利用したいときだけ利用する、といった意識の高まりもあり、今後より一層シェアする意識が高まっていくことが予測されます。
 
 

節約志向を持った人の増加

景気の低迷が影響し、昨今非正規雇用で働く人も増加しております。
また、30~40代の方の収入の減少も見られており、丁度子育てなどで出費が重なる時期となっており、大きな痛手となっています。

このような経済的な背景からも、モノの所有から、利用したいときだけシェアをする、という方が増加したことがわかります。
 
 

人気のシェアリングエコノミーサービスとは

人気のシェアリングエコノミーサービスとは
上記のような背景から拡大するシェアリングエコノミーですが、多くの方が知っている有名なサービスがいくつもございます。こちらでは、シェアリングエコノミーの代表的な事例をご紹介します。
 
 

メルカリ

メルカリ
まず、フリマアプリの代表格である「メルカリ」です。
メルカリは、モノをシェアするタイプのシェアリングエコノミーです。
恐らく、一度は利用したことがある、という方も多いのではないでしょうか。

メルカリは、ご自身の要らないものを気軽に出品し、販売することができるアプリです。
コロナ禍では、自宅にいることが多くなったという巣ごもり需要を捉え、利用が加速しました。
 
 

Airbnb

Airbnb
つづいてご紹介するのは、「Airbnb」です。
Airbnbは、空間をシェアするタイプのシェアリングエコノミーです。

宿泊先を探している人と空いている部屋を持っている方をマッチングできます。
世界のあらゆる宿泊先が登録されており、旅行での宿泊先を選ぶ際などに活用頂くことが多いサービスです。
 
 

ココナラ

ココナラ
最後にご紹介するのは、「ココナラ」です。
ココナラは、スキルをシェアできるシェアリングエコノミーサービスです。
ご自身の持っている知識や経験を活かし、サービスとして出品し、スキルを求めている人とマッチングできるサービスです。

昨今リモートワークが当たり前になりつつあり、自由な時間が増えた方が増加し、利用者が増加しています。
 
 

シェアリングエコノミー事業におけるビジネスアイデアのコツ

シェアリングエコノミー事業におけるビジネスアイデアのコツ
新たにビジネスとして始めることを検討されている方もいらっしゃると思います。ここでは、シェアリングエコノミーの新たなビジネスを検討する際の、ビジネスアイデアのコツについてお話いたします。
 
 

過去の経験での“あったらいいな”を参考にする

シェアリングエコノミーは、例えばモノであれば“借りたい人”と“貸したい人”、スキルであれば“提供したい人”と“提供を受けたい人”、双方がいることで成り立つサービスです。

そのため、ご自身の今までの経験の中で“あったらいいな”と考えていることは、他の方も求めている可能性もございます。

アイデアだしに悩んでいる場合は、過去の経験も振り返り参考にしてみると良いでしょう。
 
 

需要と供給があるか

サービスとして成功させるためには、“需要と供給があるか”は最も重要と言っても過言ではありません。“需要と供給があるか”がなければ、利益を生み出すことは難しい可能性が高いです。

そのため、サービスを本格的に始める前に、ご自身のアイデアが需要があるものなのか、事前に調査することが重要です。
 
 

競合他社を調査する

競合他社のサービスを調査することも重要です。

考えられているアイデアと全く同じようなサービスが存在するのであれば、少し角度を変えたり、また他社とブランディングを異なるものにするなどが必要になってくるかもしれません。

また、競合他社を調べることで、何らかのアイデアの参考になることも考えられます。

どちらにしろ、サービスの方向性を固めていくために、競合他社を調査し知っておくことは重要なため、調査しておくことをおすすめします。
 
 

利用しやすいプラットフォームを検討する

サービスを開始するにあたっては、プラットフォームの構築が必要になってくることも多いかと思います。

プラットフォームを構築する際は、お客様が利用しやすい視点を考え、複雑な作りにせず、シンプルで使いやすいものがおすすめです。
 
 

まとめ

シェアリングエコノミー事業におけるビジネスアイデア出しのコツとは
ここまで、拡大の背景などを踏まえたうえで、シェアリングエコノミーのビジネスアイデアのコツについてお話してまいりました。

シェアリングエコノミーは、人々の価値観の変化や志向の変化により、今後も更なる拡大が期待される分野です。アイデア次第でさまざまなサービスを生み出せるので、市場の可能性もまだまだ高いでしょう。

シェアリングエコノミーで新たなビジネスを検討されている方は、この記事が何らかの参考になれば幸いです。
 
 

マッチングサイト構築パッケージ「カスタメディアMASE」

弊社カスタメディアは、累計実績450社を誇るシステム開発会社です。

現在導入実績150社を超えるマッチングサイト構築パッケージ「カスタメディアMASE」を提供しております。

中小企業から大手企業までさまざまな企業様の開発に携わらせていただいております。また、新規創業や新規事業の立ち上げのサポートからサイト制作まで、また補助金のサポートも幅広く携わっております。
パッケージ開発+スクラッチ開発での開発がメインとなり、カスタマイズ機能も126種(21年4月現在)あり非常に柔軟性をもったマッチングサイト構築が可能なシステムです。
長年運用しているシステムをベースに構築しているため、運用性も安心!大手企業にも選ばれている理由の一つとなります。

マッチングサイトの構築を検討されている方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

カスタメディアMASEについてはこちら
URL:マッチングサイトの構築を「早く・安く・カンタンに」カスタメディアMASE