シェアリングエコノミーのメリットとは?気になる構築事例も紹介

新型コロナウイルスで新たな活用法が増え、市場の拡大を見せる「シェアリングエコノミー」。

2020年度には市場規模は過去最大の2兆円を超え、2030年度にはなんと14兆円にまで拡大すると言われております。

では一体、シェアリングエコノミーとはどんなサービスなのか?
有名なサービスだと、メルカリのようなフリマアプリや、ランサーズなどのスキルシェアサービスなどがシェアリングエコノミーに該当します。
このようなサービスは、生活環境の変化があったコロナ禍で、利用者の拡大を見せました。

本記事は下記の方必見の内容です。
・シェアリングエコノミーについて知りたい
・どんなメリットがあるのか知りたい
・シェアリングエコノミーサイト構築を検討している

シェアリングエコノミーサイト構築を数多く行う弊社カスタメディアが、市場拡大中シェアリングエコノミーについて、メリットやデメリットを構築事例を踏まえつつ分かりやすくご紹介します。
 

目次
‐ シェアリングエコノミーとは
 ‐ シェアリングエコノミーの5つの領域
‐ シェリングエコノミーの拡大背景とは
 ‐ 人々の価値観が「所有」から「共有」へと変化
 ‐ インターネットやスマートフォンの普及などテクノロジーの発展
‐ シェアリングエコノミーのメリットとは
 ‐ 利用者のメリット①遊休資産を有効活用できる
 ‐ 利用者のメリット②初期費用があまり掛からない
 ‐ 提供者のメリット①必要な時だけ利用することができる
‐ シェアリングエコノミーの構築事例
 ‐ 事例①食器のシェアリングサービス『EPOCH TABLE』
 ‐ 事例②動画特化型スキルマッチングサイト『Reach for Your Channel』
 ‐ 事例③お坊さんのスキルシェアサービス『ブッタスク』
‐ まとめ

 
 

シェアリングエコノミーとは

シェアリングエコノミーとは
「シェアリングエコノミー」とは、個人や企業が持つモノやスキルなどの遊休資産をインターネット上のプラットフォームを介して個人と取引する新しい経済の形のことを言います。

個人が持つ遊休資産を活用し多くの人の間で共有することで、新たな価値を生みだすことを可能にします。
 
 

シェアリングエコノミーの5つの領域

シェアリングエコノミーは、空間・スキル・移動・お金・モノの5つの領域に分類されます。
シェアリングエコノミー領域マップ
出典:最新のシェアリングエコノミー 領域mapを公開しました!(2020年3月)|一般社団法人シェアリングエコノミー協会
 
● 空間(Space)
ホームシェアや農地、駐車場、会議室などのシェアが空間シェア領域に分類されます。
例えば、民泊サイトの「Airbnb」や空間シェアサイトの「スペースマーケット」が当てはまります。
 
● スキル(Skill)
家事や育児等の対面型のスキルシェア、また記事執筆などの非対面型のシェアがスキルシェアに分類されます。
例えば、ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスや、タスカジなどの家事代行サービスが当てはまります。
 
● 移動(Mobility)
カーシェアやサイクルシェアなどの乗り物のシェア、また料理の運搬や買い物代行等のサービスが移動のシェアに該当します。
例えば、多種多様な車を利用できるAnycaや料理を運搬してくれるサービスのUber Eatsなどが移動シェアに当てはまります。
 
● お金(Money)
クラウドファンディングサイトがお金のシェア領域に分類されます。
例えば、国内最大のクラウドファンディングサイトと言われるCAMPFIREや、他にも寄付や株式購入のクラウドファンディングが存在します。
 
● モノ(Goods)
フリマアプリのような売買のサイトや、洋服等のレンタルサービスがモノシェア領域に分類されます。
例えば、メルカリ、ミンネなどのフリマアプリ、airClosetなどの洋服借り放題のサービスなどがモノシェアに当てはまります。
 
 

シェリングエコノミーの拡大背景とは

シェリングエコノミーの拡大背景とは
冒頭でもありますが、シェアリングエコノミーの市場は2020年度は2兆円、2030年度には14兆円に拡大すると言われております。

なぜここまで市場拡大することが予測されているのでしょうか。シェアリングエコノミーの拡大のは背景には、以下があげられます。
 
 

人々の価値観が「所有」から「共有」へと変化

今までは、モノは所有するのが当たり前でしたが、近年その当たり前が変化しています。

今まではモノの所有に重きを置くことが多くありましたが、昨今はさまざまな利用体験を意味する「コト」を重要視する人が増加しています。
例えば、車であればカーシェアで一時的にレンタルできれば、所有せずとも体験でき、節約や有効活用にもつながります。また所有者は、レンタルすることによって副収入を得ることができます。

シェアという概念は、利用者と所有者にとってwin-winな仕組みです。
 
 

インターネットやスマートフォンの普及などテクノロジーの発展

人々の価値観だけでなく、テクノロジーの発展なくしてシェアリングエコノミーの拡大はなかったと言えるでしょう。

インターネットの発展と、スマートフォンの普及により、低コストでさまざまな取引が行えるようになりました、

人々のさまざまなアイデアにより、シェアできるプラットフォームが数多く誕生し、利用者と所有者のマッチングが容易に実現できるようになりました。
 
 

シェアリングエコノミーのメリットとは

シェアリングエコノミーのメリット
では、シェアリングエコノミーのメリットは何でしょうか。利用者と提供者のメリットそれぞれご紹介します。
 
 

利用者のメリット①遊休資産を有効活用できる

眠っている遊休資産を活用できることが、最大のメリットと言えるでしょう。
暫く使用していないモノや自身でもっているスキルなどをシェアすることで、収入源に変えることができます。
 
 

利用者のメリット②初期費用があまり掛からない

利用者は所有しているモノやスキルなどを提供することでビジネスを始めることができます。
プラットフォームに登録するだけで、シェアする提供者が見つかれば利用料を得ることができるため、副業として副収入を得ている方も多くいます。
 
 

提供者のメリット①必要な時だけ利用することができる

たまにしか利用しないものを所有するのは勿体ない印象を受けます。
所有せず、必要なタイミングで必要なものだけ利用することで、ミニマムな暮らしを実現できます。
また、所有していた資産を利用するため、リーズナブルな価格で利用できることも多く、その点もメリットにあげられます。
 
 

シェアリングエコノミーの構築事例

シェアリングエコノミーの構築事例
冒頭で、シェアリングエコノミーサービスを5つの領域ごとにご紹介しましたが、一度は利用したことがある、という方も多くおられたと思います。

弊社では、シェアリングエコノミーサービスの構築パッケージをご用意しており、150社以上のサイト構築を行っております。
そんな弊社での、シェアリングエコノミーサービスの構築事例をご紹介します。
 
 

事例①食器のシェアリングサービス『EPOCH TABLE』


憧れの食卓を自宅で実現できる、国内食器メーカー初の食器(テーブルウェア)のシェアリングサービスです。

プロのスタイリストがコーディネートした、2~6名の食器・カトラリー一式を、自宅に居ながらにして受け取り&返却することができ、友人宅でのホームパーティーや料理教室の開催場所への配達も可能なサービスです。

自宅での食事が多くなった昨今、自宅での書記事を気分を上げて楽しむことが出来るシェアリングサービスです。

『EPOCH TABLE』https://www.kbb-id.co.jp/content/case/epochtable/

 

事例②動画特化型スキルマッチングサイト『Reach for Your Channel』


動画コンテンツの受注、発注、クリエーターへのオファーが出来るシェアリングサイトです。
動画配信でスキルを売る、または自作動画コンテンツを制作することのできるマッチングサービスです。

拡大するYoutubeなどの動画スキルを活用することのできるシェアリングサービスです。

『Reach for Your Channel』https://www.kbb-id.co.jp/content/case/reach-for-your-channel/

 

事例③お坊さんのスキルシェアサービス『ブッタスク』


葬儀の依頼や心の悩みを相談したい際などに、お坊さんの人柄や利用の目的から、お坊さんを探せるサービスです。

目的別で探される方は、人気のカテゴリーやPICK UP案件などがあり、ご希望の目的に合わせたお坊さん選びを簡単に行うことが可能です。
また、お坊さんの人柄で選びたい方は、お坊さんのPICK UP情報や新着情報などから簡単に探すことが可能となっています。

今までにない、お坊さんに特化したスキルシェアサービスです。

『ブッタスク』https://is.gd/Nh7xoV

 

その他、弊社導入実績は以下に一覧がございます。よろしければご参考までにご覧ください。

導入実績:https://www.kbb-id.co.jp/content/case/

 

まとめ

シェアリングエコノミーまとめ
ここまで、シェアリングエコノミーのメリットや拡大の背景など解説してまいりましたがいかがでしたでしょうか。

シェアリングエコノミーはまた今後10年で7倍もの市場拡大が予測されています。
現在でもさまざまなシェアリングエコノミーサービスが誕生しておりますが、アイデア次第で新しいサービスを生み出すことが可能である可能性の溢れる市場です。

また、今の時代に即したサービスであるため利用者も今後更に増加すると思われます。

市場拡大が予測されるため新たに参入される方も多くいらっしゃいます。
シェアリングエコノミーサービスを始めることを検討している方は、競合が現れる前に早めの決断をしてみるのが良いでしょう。
 

シェアリングエコノミー構築パッケージ「カスタメディアMASE」

弊社カスタメディアは、累計実績450社を誇るシステム開発会社です。現在導入実績150社を超えるシェアエコサイト・マッチングサイト構築パッケージ「カスタメディアMASE」を提供しております。

今や、中小企業から大手企業までさまざまな企業様の開発に携わらせていただいております。
また、新規創業や新規事業の立ち上げのサポートからサイト制作まで、また補助金のサポートも幅広く携わっております。

パッケージ開発+スクラッチ開発での開発がメインとなり、カスタマイズ機能も126種(21年4月現在)あり非常に柔軟性をもったシェアリングエコノミーサイト構築が可能なシステムです。
長年運用しているシステムをベースに構築しているため、運用性も安心!大手企業にも選ばれている理由の一つとなります。

シェアリングエコノミーサイトの構築を検討されている方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

カスタメディアMASEについてはこちら
URL:マッチングサイトの構築を「早く・安く・カンタンに」カスタメディアMASE