info 新着情報

オンラインイベントをよりスマートに!カスタメディアの「Event Terminal」とSansan株式会社の新時代エントリーフォーム「Smart Entry by Eightオンライン名刺」機能連携のお知らせ

株式会社カスタメディア(本社:神戸市中央区 代表者:代表取締役 宮﨑耕史)は、Sansan株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:寺田 親弘)が運営する新時代エントリーフォーム「Smart Entry by Eightオンライン名刺(以下、Smart Entry)」と、カスタメディアのオンラインイベント・展示会システム構築ツール「カスタメディアMASE Event Terminal(以下、MASE Event Terminal)」と機能連携させていただく事になりました。

「MASE Event Terminal」は、カスタメディアが運営するオンラインイベント、バーチャル展示会や商談会等のシステム構築ツールです。コロナ禍で、会場を借りてのイベント開催が困難になった昨今、オンラインでのイベント開催加速させ、且つ会員間のマッチング率向上や顧客管理の出来るシステムです。

Sansan株式会社が提供する「Smart Entry」は、イベントの来場登録や訪問の受付時、資料請求時などに求められるあらゆるビジネス情報の入力を、QRコードを撮影するだけで、手間なく正確に行うことができる、新世代のエントリーフォームです。名刺アプリ「Eight」のオンライン名刺機能が対応することにより、EightユーザーはシームレスにSmart Entryを利用することができます。また、Eightユーザーではなくても、その場で自身の名刺を撮影することによりすぐに利用することが可能です。

今後「Smart Entry」と機能連携した「MASE Event Terminal」をご利用いただくことで、より効率的で円滑なオンラインイベント・オンライン展示会の開催が可能となります。

■Sansan株式会社様のニュースリリースにて公開されています

新世代エントリーフォーム 「Smart Entry by Eightオンライン名刺」を発表
〜QRを撮影するだけで、ビジネスエントリーが完了〜
https://jp.corp-sansan.com/news/2020/smart_entry_launch.html

■「MASE Event Terminal」とは

Withコロナ・Afterコロナ時代には欠かせない、オンラインイベントやオンライン展示会のシステム構築ツールです。 昨今、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響で、数多くのイベントや展示会は中止せざる終えない状況になり、オンラインでのイベントや展示会の開催が当たり前になりつつあります。
「カスタメディアMASE Event Terminal」は、オンラインでのイベントや展示会等を簡単に開催することができ、顧客管理や会員同士の商談等のマッチングも促進できるツールです。

URL:https://www.kbb-id.co.jp/content/lp/event-terminal/

 

■「Smart Entry」とは 

Smart Entryは、連携するサービス上でビジネスのプロフィールデータを手軽に、効率的に登録することができる、新しい形のエントリーフォームです。
また、情報を取得する側としては正確なビジネス情報の取得と共に、スマートなユーザー体験を利用者に提供することができます。

「Smart Entry」の特徴
・正確な情報を簡単登録
ミスの多い手入力に比べ、名刺に記載された正確なビジネスプロフィール情報をそのまま登録に活用することが可能になります。
・フォームに入力する手間ゼロ
煩わしい手入力から開放され、瞬時にあらゆるサービスにエントリー可能になります。イベント申込み、オフィスの受付、資料請求など、全てが一瞬で完了します。
・無料で誰でも
Smart Entry は、Eightオンライン名刺ユーザーは誰でも利用可能です。非ユーザーもその場で名刺を撮影することで、無料で簡単にオンライン名刺を作成しSmart Entryを利用できます。一度登録したEight オンライン名刺はその後いつでもご利用可能です。

Smart Entry参考画面:イベントでの参加フォーム入力
<Eightのオンライン名刺を使っている場合>

<Eightのオンライン名刺を使っていない場合>

Sansan株式会社様が運営する「Smart Entry」と機能連携した、株式会社カスタメディアが運営する「MASE Event Terminal」を、多くのオンラインイベント・バーチャル展示会を検討している方に活用いただくことで、従来の非効率的な手間を省き、イベント登録時の効率化に繋げ、更には効率良くユーザー同士のマッチング向上に繋がることに期待し、積極的にパッケージエンジンの販売の営業活動を行っていく所存です。